職場の子と話して思った、絶対忘れない勉強の流れ

こんにちは。 先日、職場の子と海外の話になりました。   海外行ったことある? 「ないです」   なんか行ってみたいところとかあるの? 「前にトルコだかの写真見て凄く綺麗だったので、トルコとか行ってみたいです」   トルコか、トルコってどこら辺にあるんだっけ? 「んーちょっとわかんないです(笑)」   というようなやり取りがあったので、帰ってからぼくは調べま […]

知ったばかりの「古事記」について語ってみた

  • 2019.05.23

こんにちは。 いろいろな記事で書いているのですが、ぼくは小中高と、歴史が大の苦手でした。 ただの暗記問題で、これを覚えたからといって何が面白いのだろうか、と全くその意味を理解できなかったのです。   でも大人になるにつれて歴史が面白い。 なるほど、こんな風にして今こんな風なのか、ということをなんとなく理解するようになりました。   さて、そんなぼくも、平成から令和に元号が変わる […]

『シャザム!』を観て感じたDCに対する期待

こんにちは。 昨日は『シャザム!』という映画を観てきました。 率直な感想としては、結構面白かったです。   少年がある日、魔術師の後継者として選ばれてスーパーヒーローになる、っていう映画なんですけど、スーパーヒーローになることによって大人になっちゃうんです、何故か(笑)。 そもそも魔術師に選ばれて、マントの付いたコスチュームに筋肉ムキムキのスーパーヒーローってのが意味がわからん(笑)。 […]

独学で学ぶと迷子になっちゃう話

こんにちは。 最近、音楽をやってる、みたいなことはいつだかに書いたと思いますが、特に本格的に取り組んでいるのはピアノです。 ピアノを弾くのは本当に楽しくて、難しいと思われた曲がだんだん上手に弾けるようになるのも楽しいし、弾ける曲が少しずつ増えていくのも楽しいです。   ただ、楽しいのは良いことなのですが、自分の中で足かせになっているな、と感じることがあります。 どんな足かせかというと 「 […]

わたしはゲームで知りました(マーベルのキャラを)

こんにちは。 ところで、ぼくはマーベルが好きなわけなんですけれど、実は映画から入ったんじゃないんですね。 何で入ったかというと、格闘ゲームです。   一番最初に出会ったのは、友達の家でやらせてもらった「X-MEN」の格ゲーでした。 X-MENについてはそこまで詳しくないので事細かな説明はできないですが、とりあえずマーベル作品であるとだけ言っておきます。 「え?マーベル作品なのにアベンジャ […]

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観て感じた物語の長さと思い入れという概念

こんにちは。 というわけで『アベンジャーズ/エンドゲーム』やっと観てきましたよ。   いやー   良かった。   最初の『アイアンマン』からずっと欠かさず一連のマーベル作品を観てきた身としては、本当に感慨深い作品でした。   Twitterでも少し書いたのですが、Yahoo!の映画レビューを「お役立ち度順」に並べると、ずらっと☆1~3が並びます(☆5は34件 […]

一つのことを考えるということ

こんにちは。 今日もピアノを弾いてました。 まだまだ時間が掛かると思ってた例の『星降る峡谷』だったんですが、意外と繰り返しが多かったので、思ったよりは早くさらえそう。 ただ、繰り返しとはまた別に、似たようなフレーズなのに微妙に違う、みたいなところがあったりして、そこらへん混乱中。 さっさと進めてるだけに余計にこんがらがります。   もしかしたらこれは先を急ぐことの弊害かもしれないなーと思 […]

ぼくが音楽好きになってピアノを弾くようになったきっかけのお話

こんにちは。 このブログでも何回か書いたことがあるのですが、改めてぼくが音楽に興味を持った経緯というものを書こうと思います。 ぼくのことをよく知ってる人にとっては、きっと聞き馴染みの話になるかと思います。   ぼくが最初に音楽に興味を持ったのは、ゲーム音楽でした。 具体的には幼稚園児の時にやっていたスーパーファミコンの物になりまして、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』とか『ロックマン […]

レベル1の最強装備より、レベル99の素手の方が強い話

こんにちは。 今ピアノで弾きたい曲に『星降る峡谷』という曲があります。     これはゲーム『FINAL FANTASY VII』の曲の、ピアノアレンジコレクションなるものに収録されてるものなんですけど、実は数年前までは弾けてたんです。 でも長いことこの曲を弾いていなかったら、すっかりと忘れてしまったのでした。   しかしながら、じゃあ昔よりピアノが下手になったのかと […]

ピアノを通して思う、子供の頃のあの情熱はどこへ

こんにちは。 最近、まだ全然作る方までには行ってないんですが、音楽を楽しんでいます。 楽しんでるというのは、演奏だったり、鑑賞だったりですね。   特に今はピアノが楽しいんですが、実はここ最近はあまりピアノを弾いていませんでした。 どうしてかというと、ぼくアパート住まいなんですけど、電子ピアノが洋室に置いてあるんです。 でも普段生活するのはリビングになるわけですが、冬場はリビングは暖かく […]

ダークソウルの魅力を改めて書いてみた

こんばんは。 というわけで、先ほど無事にダークソウルをクリアすることができました。   いやー長かった。 確認していないけれど、多分50時間くらいやったんじゃないだろうか。   ちょっと昨日は深夜にかなりボーっとした状態でブログを書いたので、もう1回改めてダークソウルについて書こうと思います。 と言っても寝不足で今もボーっとしてる感じはあるのですが、昨日よりは書けると思う。 & […]

深夜に書く、ダークソウルにハマった話

こんばんは。 何か書きたいなーと思ったので、思い付きで書こうと思います。   実は最近、うっかり『ダークソウル リマスタード』というゲームにハマってしまいまして、中々抜け出せずにいたのです。 ブログ書こうとか、音楽活動しようとか、いろいろ頭で考えてはいたのですが、うっかり買ってしまったゲームにまさかここまでハマるとは。 それくらい面白いゲームなのですね、ダークソウルって。   […]

成長することの弊害と「それでもぼくは成長したい」

基本的には成長というのは素晴らしいものですが、時に弊害に感じられることがあります。 それは 「より高レベルのものを欲するようになる」 ということです。   どういうことかというと、例えばぼくにとっては文章がそれに当たります。 10年前の文章を読み返すとなんてひどく稚拙な文章を書いていたのだろうか、というかそもそも意味がわからない、という文章がほとんどなのですが、それでも当時は「今日は書い […]

もし中学生になってバスケ部に入ったらぼくはこうしたい

ぼくがもし仮に中学生になって、またバスケ部で頑張ることができるとしたら、まず基礎を徹底的に固めます。   「いやいや、みんなそう言うんだけど続かないんだよ。それが基礎練ってものだよ」   黙れ小僧!(口悪 妄想の中でくらい夢見たっていいじゃない、にんげんだもの。   どうして基礎を固めようと思うのかというと、全てのことは自分の体を使って行われるからです。 当たり前のこ […]

中学時代のぼくの部活動生活(からの今)

ぼくは中学生になって、バスケットボール部に入りました。 もともと器械体操を少したしなんでいたので、もし器械体操部があったならば、ぼくは器械体操部に入っていたのですが、ぼくの学校にはなかったので、『スラムダンク』に影響を受けてバスケ部に入ったのでした。   別に得意というわけではありませんでした。 単純に、まあ球技の中ならバスケかな?くらいのノリです。   それから、どうせならと […]

過去をやり直したいなら未来の今の内からやり直したら、ええ

ついさっき『ハイキュー!!』のアニメを観終わったのですが、 めちゃくちゃ部活がやりたい(爆)。 単純だけれど、素直にそう思ったのです。   そうしたときに考えることは、やっぱり 「あのときもっと頑張れたのにな」 ということばかりです。 そんな後悔をしたところで意味なんかない、という話はよくわかるのですが、しかしその後悔があるからこそ次に生かせるとも言えるでしょう。 失敗したから次の成功が […]

『キングダムハーツ3』を楽しむためにやるべきタイトル

というわけで、やっぱりどう考えても『キングダムハーツ3』をちゃんと楽しむには過去作品をやる他ないということになったので、改めて何をすればいいのかを確認してみたら、思ったほど多くはないということに気が付きました。 まず 『 キングダム ハーツ HD 1.5+2.5 リミックス』 というソフトがございます。 これは過去作6本が詰め込まれたソフトなのですが、簡単に言えば 「これさえやれば3も理解できるよ […]

『キングダムハーツ3』が出るにあたって「シリーズ」について思うこと

「キングダムハーツ論」というほどの論は実はないんですが、思ったことがあります。 それは 「シリーズが続けば続くほどいいと思っていたけれど、必ずしもそうとは限らないんだなー」 ということです。   例えば『FINAL FANTASY』というシリーズがありますが、このシリーズは全てお話が別になっています。 だから、1をやったことない人でも2がやれたし、5をやったことなくても8ができる。 現在 […]

ブログを書く前に感じていた様々なストレス

ブログを書くペースが昔よりもスムーズじゃない理由の一つに、 「ネタがありすぎる」 という悲鳴があります。 書けることなんて腐るほどあるのです、腐らないけど。   でも数が多ければ多いほど、その中からチョイスする行為にストレスが生じてしまいます。 「だったらいっそ書くのを辞めたらいい」 そんなことを考えたことも何度もありますが、それはそれでなんだか寂しいのです。 やっぱり何かは書きたい。 […]

高校生の頃の自分の文章を読んで思ったこと、気付いたこと、思い出したこと

思ったことをそのまま書く。 昔書いていたブログを思い付きで眺めていて気付いたことなのですが、ぼくは昔、思ったことをそのまま文章にして書いていたようでした。 相手にそれが伝わるかどうかは二の次で、自分が書きたいと思ったことをただひたすら書いている。 理解されなかったとしてもそれはそれで、理解してもらえればきっと面白いはずですよと、そんなような思いを感じます。   もしかしたら何のレスポンス […]

1 15