『カメラを止めるな!』の思い付きネタバレ感想

『カメラを止めるな!』の思い付きネタバレ感想

この中で、映画『カメラを止めるな!』をもう観たよーっていう人!(はい!(はいはい!

そんな君と話を共有したいなーということで、がっつりネタバレを含めて感想を書いてみようかと思います。

一つの映画について複数の記事を書くのは初めてかもしれません(わかんないけど)。

 

何が素晴らしいって、やっぱり脚本ですよね。

冒頭のワンカットゾンビ映画シーンを、ぼくはその映画の世界の視聴者と同じように全くの前情報無しで観たわけですが、少し「おかしいなー」という思いを抱きながらもしかし話が成立しているような気もして、これはこれでこういう物語なんだろうなーと一応の理解をもってして最後まで見ました。

例えば、監督役の監督さんの「撮影は続ける!カメラは止めない!」というセリフは、ぼくは普通にメタ発言として捉えました。

メタに馴染みがない人はもしかしたら「あれ?これって……」と感付くかもしれませんが、ぼくはどちらかというと「そういうもん」として捉えました。

メタシーンは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』にもありますしね。

ゲーム『メタルギアソリッドシリーズ』にも多いし。

 

監督の奥さんが結局役に入り込み過ぎておかしくなっちゃったわけですが、あれもゾンビものとして、もっと広く言えばホラー・オカルト映画として十分納得できるし、監督がころされた(ように感じた)シーンがあったのにあちこちでカメラを持って現れるのも、多少の違和感はあれど、また同じ。

そのあと斧でころされたはずの奥さんが起き上がるのも、ゾンビものだからこそなんとなく「あり」になっちゃう。

 

ゾンビものだからこそ、ホラーだからこそ、オカルトだからこそ、なんだかあちこちでおかしなことが起こっているはずなのに、なんだか不思議と成立してしまう。

裏ではおかしいことが起こってるのに、おかしくないギリギリの範囲でなんとか収まっている。

そんな絶妙な設定だなーと、神がかっているなーと感じました。

 

スポンサーリンク

そして演じた俳優さんの方々。

皆さん本当にお上手でした。

どちらも。

ドラマ部分も、裏側部分も。

本気で演技している部分はもちろんのこと、ぎこちない演技になってしまってる演技もお上手。

無名の役者さん方とのことですが、無名でもこんなに実力があるんだなーと、(偉そうですが)感心しました。

 

そんな見事な演技と、秀逸な設定により、ぼくは見事に騙され、そして後半のネタバレタイムが訪れます。

 

これはもうね、ずるいですよね。

こんなの笑わないわけないでしょ(笑)。

 

どこがどう可笑しかったかと言ったら、もう全部可笑しかったです。

冒頭の主演2人に勢い余って本音をぶつける監督も最高だったし、酔っ払ったガチフラフラゾンビも最高だったし、めがね君の泣く泣く演技も最高だったし、硬水飲んじゃったおじさんの突然の離脱も最高だったし、それに慌てる監督の素の演技も最高だったし、「親にもぶたれたことないのに」も最高だったし、唐突な「ポンッ!」も最高だったし、奥さん絞め落として斧取り付けるくだりも最高だったし、それによって強引にカンペ出すのも最高だったし、絞め落とした奥さんが気が付いてうっかり割り込んじゃうのも最高だったし、女の子の斧振り下ろすヤケクソ演技も最高だったし、お父さんとの思い出の写真を見て発想したアイディアでしめる流れも最高でした。

 

スポンサーリンク

こんなにこんなおかしなことが起こっているはずなのに、ギリギリ成立してしまう。

どこか1つでも崩れたら全てが台無しになってしまうような、そんな絶妙なバランスで作られた映画だなーと感じました。

ある程度はもちろん狙ったことでしょうけれど、ここまでドハマリするとは制作陣も思っていなかったのではないでしょうか。

 

いやー本当

 

笑った笑った。