『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』という爆笑SFコメディ(違う

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』という爆笑SFコメディ(違う

2017 Star Wars: The Last Jedi

いやー

 

なんでしょう。

 

ぼくは常々「変な映画は笑っちゃえ!」的なことを書いている、ということをよく書いてると思うんですが、ものには限度というものがあると思うんですよ。

もしくはそれが適応するシリーズとしないシリーズというのもあると思うんですが、この『スターウォーズ』というシリーズは適応しない映画だと思うんです。

今回、エピソード的には8にあたる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ですが、確かにおかしくて、変で、爆笑シーン満載なんだけれども、その反面感じるのは

「本当にこれが正式なスターウォーズの続編なの?」

という現実と、絶望感と失望感。

 

こんなんで本当に良かったの?スターウォーズって。

 

ただの1回しかないこのチャンスを、こんな内容で収めてよかったの?

 

という、あまり面白くない映画も擁護的に書いちゃうぼくでも、『~最後のジェダイ』は擁護できませんでした。

スターウォーズファンがかわいそう。

濃いファンじゃないぼくでも、なんかちょっと悲しい。

 

なんというかもうスターウォーズじゃないんですよね。

アベンジャーズみたい。

ヒーロー映画。

悪い意味で。

 

解釈として、「ジェダイ」というヒーローだけではなく、その取り巻きもこれだけ重要な立場なんだよ、もうヒーローだけの時代じゃないんだよ(ジェダイなだけに)というような訴えかけをみた!みたいなことをどこかで読んだような気がするのですが、うーん、そうなの?

あんな両親がしょーもない人が大した修行もしないで「脅威の大宇宙パワー!」を持ってしまってもいいものなの?(両親の話は次作で変わるかもしれないけど)

でもそれがニューヒーローなんだよね。

いや、ヒロインかな?

結局一強ですやん。

 

なんにせよ、まだ血筋が凄い方が(ありきたりでも)納得できたんだがなー。

 

スポンサーリンク

 

ところで、爆笑シーン満載という話を冒頭の方でしましたが、これはもちろん序盤のサブいギャグのことではありません。

これは、なんでしょう、前半と後半で別の人が映画作ったの?っていうくらい、序盤は変なギャグ・ジョークが多かったですね。

純粋にスターウォーズには合わないなーと思いました。

特にルーク・スカイウォーカーのライトセーバーの扱いにはがっかりですよ。

ぞんざいに扱ったことがではなく、面白いシーンとして撮ってる感じにがっかりですよ。

制作陣としては、ルークをここまで落ちぶれさせる必要はあったのかしら。

見せ場も1つもないとはこれいかに。

 

せめて雑魚相手でもいいから、1度だけでも無双してほしかったなー。

なんもしないんですよなーあのおっさん。

 

あー囮になったっけか。

あっはっはー。

 

伝説のジェダイマスター。

あっはっはー。

 

最後くらい伝説通りの凄さを見せたってや。

 

ちなみに序盤はしぬほど退屈で、人生で初めて映画の途中で帰るか迷いました。

いや本当に。

迷ったは言い過ぎかもしれませんが、少なくとも頭を過ぎりました。

「……帰ろうかな?」

って。

 

まさか映画を観ててそんな風に思う日が来るとは思ってなくて、ましてやそれがスターウォーズという大作で思うなんて。

 

で、終盤はいろいろもうおかしくて、いわゆる爆笑SFドタバタコメディだったんですけれども、それがスターウォーズという大作で(略)。

 

という感じで、楽しめたといえば楽しめたのですが、これがあのスターウォーズの最新作なのか、ということをまじまじと考えてみると、がっかり感が込み上げてくるのです。

もっとこう……あるだろう!!つって。

 

ありきたりだけれども、例えば。

ルークがレイを鍛えて、でもカイロ・レンも厳しい修行を経て、2人は真のライバルになります。

そして、ついに2人の対決の時が来て、いい勝負をするんだけれども、レイが負けてしまいます。

そこに現れたのは隠居してたはずの伝説の、最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー。

「ルーク……!来てくれたのね!」

誰もが絶望を感じていた。

でもルークが来てくれた。

ルークは伝説ばりの力を発揮し、レンを圧倒する。

凄い……これが伝説のジェダイ(ゴクリ)。

誰もが勝利を確信していたが、ルークの老い、もしくは負けを確信したレンがレイを人質のとる(ややこしいな)、あるいは横槍が入る(スノークでも可)。

などなどの理由によって、ルークは負けてしまう。

ルークは最後の言葉をレイに残して息絶えたのであった。

戦いの場であった敵の戦艦(という設定)は(相変わらず)爆発寸前の状態だったので、レンはルークを倒したことに満足し、自分も深手を負っていたので一時離脱。

レイとレイア(ややこしいな)はルークの意思を受け継ぎ、敵地を後にしたのであった。

 

みたいな方が良くない?

ありきたりだけれど、若干エピソード4と1入ってるけど。

少なくともぼくはそういう内容の方が楽しめたと思います。

 

スポンサーリンク

 

さて苦言が長くなってきたのでもういい加減にしておこうと思いますが、最後に1つだけ。

キャラクターの誰にも好感を持てないんですよね。

これは結構痛い気がする。

味方も敵も、誰にも好感が持てない。

なんなら今作にいたってはルークにも好感は持てない。

誰を応援していいかもわからなかったので、序盤のうちに帰ろうと思ってしまったのでした。

 

うーん。

 

ただただ残念。