2018年1月28日

言葉・文章の内なる面白さ

言葉を残すこと、文章を残すことはとても不思議なことに感じます。 今ぼくが書いてる文章は、何年後か経っても、そのままずっと残っているだろうからです。 残っているだろうということは、そのときに誰かが読む可能性があるからです。   今ここで書いていることが、何年後かに到達する。   今ここにありながら、未来を見て、過去を知る。 そんな営みのようにも感じられて、ともすると、より一層文章 […]