人生

2/2ページ

芸術を心から楽しむ為のヒント

何かの芸術に対して造形が深い人というのは、その芸術に心を見ます。 絵も、音楽も、映画も。   例えば音楽であるならば、モーツァルトがどんなときにどんな気持ちでどんな状況でその曲を書いたのか、それを考えながら聴いたり、演奏したり、表現したりします。 その心を自分なりに汲み取って、解釈して、指揮者はタクトを振るし、ピアニストは演奏するものです。 その心が表れて、鑑賞者もまた心を打たれ、涙を流 […]

芸術を余すことなく楽しむ方法

何かの本に書いてあったことですが、何かしらのコンテンツには対象レベルというものがあります。 一般的には「対象年齢」という言葉がわかりやすいと思いますが、年齢だけでは対象を絞れないこともあるでしょう。   例えば、知育玩具みたいなものにはよく対象年齢がふられています。 グロテスクな映画や、ちょっとエッチな映画にも年齢制限が設けられます。   そういうものはわかりやすくあるものです […]

やる気が起きないという人にこんな言葉を送ります「モーションがエモーションを生む」

今猛烈に眠いです。 眠い中書きます。 いろいろご容赦ください。   文章というのは基本的に頭を使います。 変な文章、ハゲの文章みたいなのを書くときも、なんだかんだ頭を使っています。 自然と言葉が出てきてはいるけれど、ある程度頭を使っています。   今は書くことがどんどんどんどん湧き水の如く溢れてきていてて、あんまり頭を使わずに書いていますが、でも使います。 そして前回にも書きま […]

アイディアが思い付かず悩み苦しんでいる人へ

無から何かを作ることは難しい。 それは芸術分野全般で言えることだし、文章にしても同じことだと思います。   はい、じゃあ何か書いて、と言われると難しい。 夏休みの宿題の代名詞とも言える自由研究は、自由だからこそ幅が広くて難しい。 何か文章を書いてください、と言われると難しく、むしろ何かのテーマを誰かに提示してもらったほうがでも、いくらか楽だったりするものです。 同じようなことを『いぬまる […]

「やりたいこと」と「やりたくないこと」とではこんなにも違いがある

やりたいことをやるのと、やるべきこと、というより「やりたくないけどやらなくちゃなー」ということをやるのとでは、取り組む上でのモチベーションが全く違うなーということを、改めて感じているところです。 前にも同じようなことを書きましたが、実際自分でやってみて、両者の自分のエネルギー量が全く違うことがわかります。   例えば、ぼくは最近、大体深夜1時に寝ます。 数ヶ月前は12時だったのですが、な […]

後悔することの無意味さと人生を楽しむ「これでいいのだ」という感覚

前回、期せずして「人生の選択」的な話をしてしまったので、せっかくだからこれについて何か書きたいと思います。 と言いますのも、もう結構前からそんなようなことを思っておりまして、でもその思いが上手く人に伝えられることができなくて、否定されたりもして、でも違うんだよな、なんて思ったりもして、ここでその鬱憤を晴らしたいような、そんなような思いで書くものであります。   「後悔」 という言葉がござ […]

もしも三日坊主になってしまったら?

三日坊主のための第7のポイント 「三日坊主にならないために押さえておきたい6つのポイント」 という記事を書きましたが、もう1つ大事なことがありました。   それは、 「自分を過大評価しないこと」 です。   そしてこれは、 「三日坊主にならないため」 ではなく 「三日坊主になったとき」 に大事な考え方になります。   「自分ならできる!」 と信じることはもちろん大事で […]

三日坊主にならないために押さえておきたい6つのポイント

え?三日坊主になりがちだって? じゃあぼくが「極力三日坊主にならない方法」をご紹介しましょう。   でもね、三日坊主なんてなったらいいんですよ。 三日坊主になるってことはあんまりやりたくないってことですから、やりたくないならやらなくてもいいんだよ。   でもね、それでもやってみたいと思ってるから困ってるんじゃないかって話ですよね、どうもすみません。 例えば「痩せたい!」って強く […]

「やりたいこと」と「やってみたいこと」の違い

「やりたいこと」と「やってみたいこと」 前回 「やりたいことは勝手にやるものだし、勝手に上達する」 という当たり前のことを書きました。 しかし、誰もがそういう「勝手に上達してしまうほどのやりたいこと」があるわけでもない、というのが実際のところでしょう。 それほどのやりたいことというのは、考えずとも体が自然とそれを欲する本能レベルのことです。   けれども、「そこまでは行かないけれどまあま […]

努力しないで上達する事例

これまで「努力」「練習」「頑張る」というような言葉を何度も使ってきました。 しかしながら、これらの言葉が当てはまらないままやれてしまって、勝手にレベルアップするパターンもあります。   それは 「楽しいからやっている」 という状態です。   例えば、多くの男の子、いや女の子も、何かの技術を伸ばすためにゲームをやってきたわけではないでしょう。 楽しいからやっていたんだと思います。 […]

「夢は信じれば叶うもの」は綺麗事だなと思う事例

努力の話を少し深堀したいと思います。 「努力(練習)すればなんでも上手くなれる」 というような話をしましたが、これは 「努力すれば誰でも一流になれる」 というところまでは残念ながら含みません。   例えば 「1万時間やれば一流になれる」 というような通説もありますが、これが必ずしもそうなるわけではないということです。   スポンサーリンク   友達には悪いのですが、高 […]

努力することが恥ずかしいと思ってる人に

昔、確かブロガーだったと思うのですが、どこかの誰かが 「文章力は向上しない」 ということを言っているのを聞いたことがある、いや、目にしたことがありました。   ぼくはこの意見に対してとても懐疑的、というと少し弱いかな、とても否定的です。 というのも、文章力って向上するよ!と。   よく 「文章書くの苦手なんだよね」 「何書いていいかわかんない」 というような話を聞くことがありま […]

やりたいことって役に立たないといけないの?

本当言うと、ゲームはただやりたいだけだったりします。 やっている・やりたいことリストの中で 「技量(頭脳)で左右されるゲームだけをやりたい」 みたいなことも書きましたが、正直に言いましょう、あれはただ格好付けただけです(爆)。   ゲームは、ただぼくがやりたいだけ。 けれども、意味を持たせたい。 そう考えたときに、どこかに意味を持たせて、自分のやりたいことに正当性を持たせたかっただけなの […]