カテゴリー:雑記

  1. こんにちは。 最近、音楽をやってる、みたいなことはいつだかに書いたと思いますが、特に本格的に取り組んでいるのはピアノです。 ピアノを弾くのは本当に楽しくて、難しいと思われた曲がだんだん上手に弾けるようになるのも楽しいし、弾ける曲…

  2. こんにちは。 今日もピアノを弾いてました。 まだまだ時間が掛かると思ってた例の『星降る峡谷』だったんですが、意外と繰り返しが多かったので、思ったよりは早くさらえそう。 ただ、繰り返しとはまた別に、似たようなフレーズなのに微…

  3. こんにちは。 このブログでも何回か書いたことがあるのですが、改めてぼくが音楽に興味を持った経緯というものを書こうと思います。 ぼくのことをよく知ってる人にとっては、きっと聞き馴染みの話になるかと思います。 …

  4. こんにちは。 今ピアノで弾きたい曲に『星降る峡谷』という曲があります。 これはゲーム『FINAL FANTASY VII』の曲の、ピアノアレンジコレクションなるものに収録されてるも…

  5. こんにちは。 最近、まだ全然作る方までには行ってないんですが、音楽を楽しんでいます。 楽しんでるというのは、演奏だったり、鑑賞だったりですね。 特に今はピアノが楽しいんですが、実はここ最近はあまりピアノ…

  6. 基本的には成長というのは素晴らしいものですが、時に弊害に感じられることがあります。 それは 「より高レベルのものを欲するようになる」 ということです。 どういうことかというと、例えばぼくにとっては…

  7. ぼくがもし仮に中学生になって、またバスケ部で頑張ることができるとしたら、まず基礎を徹底的に固めます。 「いやいや、みんなそう言うんだけど続かないんだよ。それが基礎練ってものだよ」 黙れ小僧…

  8. ぼくは中学生になって、バスケットボール部に入りました。 もともと器械体操を少したしなんでいたので、もし器械体操部があったならば、ぼくは器械体操部に入っていたのですが、ぼくの学校にはなかったので、『スラムダンク』に影響を受けてバスケ部に…

  9. ついさっき『ハイキュー!!』のアニメを観終わったのですが、 めちゃくちゃ部活がやりたい(爆)。 単純だけれど、素直にそう思ったのです。 そうしたときに考えることは、やっぱり 「あのときもっと頑張れ…

  10. というわけで、やっぱりどう考えても『キングダムハーツ3』をちゃんと楽しむには過去作品をやる他ないということになったので、改めて何をすればいいのかを確認してみたら、思ったほど多くはないということに気が付きました。 まず 『 キング…

  11. 「キングダムハーツ論」というほどの論は実はないんですが、思ったことがあります。 それは 「シリーズが続けば続くほどいいと思っていたけれど、必ずしもそうとは限らないんだなー」 ということです。 例え…

  12. ブログを書くペースが昔よりもスムーズじゃない理由の一つに、 「ネタがありすぎる」 という悲鳴があります。 書けることなんて腐るほどあるのです、腐らないけど。 でも数が多ければ多いほど、その中からチ…

  13. 思ったことをそのまま書く。 昔書いていたブログを思い付きで眺めていて気付いたことなのですが、ぼくは昔、思ったことをそのまま文章にして書いていたようでした。 相手にそれが伝わるかどうかは二の次で、自分が書きたいと思ったことをただひ…

  14. お久しぶりです。 ちょっと日があいちゃいましたが、ぼくは元気です。 何をしていたかというと、仕事関係の大会的なものがあって、それに集中していたのです。 まあ正直なことをいうと時間的な余裕はあったのですが…

  15. いやー やっぱりいいですね、カメラは。 本当にもういらないかもしれないなーと思っていたんですが、彼女に 「デジカメ買いに行く?」 とナチュラルに言われて 「あ、そんなに当…

  16. というわけで、デジタルカメラが壊れてしまったぼくですが、改めてデジカメを買うかどうかを悩んでいます。 というと、ぼくのことをリアルに知ってる人なんかは 「え?買わない選択肢あるの?」 と思うと思うのですが、そう、あるんです…

  17. 今日、山形県にある『銀山温泉』っていうところに行ってきたんですよ。 て言っても、別に温泉を楽しんだわけでもないし、旅館に泊まった訳でもなく、単なる冷やかしです。 いや、普通に観光です。 こんな感…

  18. 実は最近もちょっとは作曲しようと思ってて、いろいろ考えたりやってみたりはしているのですが、昔ほど上手くできなくなってしまいました。 それは、前に作ってたのはもう10年近くも前のことですから、単なるブランクだと思っていたんです。 …

  19. ちなみに、前回の 「後ろからずっと見てる」 というのは、もちろん物理的な意味ではありません。 イメージです、イメージ。 何をするにも子供の後ろに付いて見守っている、ということでは決してありません。 …

  20. ところで、先日の飲み会でぼくの子育てに関する話を兄等に話したときに、二番目の兄に 「よく子供中心の生活しようと思えるね、おれにはできないわ」 みたいなことを言われました。 というのも、 学校に通わ…

RETURN TOP