ミラーレス一眼カメラ『EOS M6』を買いました

この記事は1分で読めます

こんにちは。

 

ついに買っちゃいました!ミラーレス一眼カメラ!

祝。

僕はコンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジを10年近く使ってきましたが、こういうレンズ交換のできる「一眼カメラ」(とでも言えばいいのでしょうか)を使うのは初めてでございます。

 

買う前にいろいろ調べてみて、一番直感的に「これいいな」と思ったのは、Canonの『EOS M6 Mark II』というカメラだったのですが、僕には手の出せないお値段だったので(苦笑)、その前のバージョンの『EOS M6』で妥協しました。

妥協と言うと表現が悪いかもしれませんが、なんにせよ、初めての一眼カメラなのだから、あまり高望みをするもんじゃないな、という風に落ち着いたのでした。

 

こちらのカメラを買うときに、レンズがセットになってるキットが3つかありました。

1つが「15-45mm」のレンズがセットになっているもの。

2つ目が同じく「15-45mm」と「55-200mm」のレンズがセットになっているもの。

そして3つ目が「18-150mm」のレンズがセットになっているものです。

 

僕が今回一眼カメラを買おうと決めたのは、広角レンズと望遠レンズで撮ってみたい、という願望からでした。

ならば2つ目のセットが一番理に適っているとは思いましたが、何しろ初めての一眼カメラなのでレンズ交換に手を煩わせたくないなと思い、3つ目のセットにしました。

これなら一本で十分にカバーできますからね。

 

もちろん追求する立場の人にとっては、「18-150mm」が一番中途半端なレンズに感じるのかもしれませんが、とりあえず今の僕の目的は一眼カメラに慣れること。

それでたくさんの写真を撮って、それでも満足できないように思う日が来たときには、改めて他のレンズを試してみようかと思います。

今はまだ何ができて何ができないのか、何に満足できて何に満足できないのかがわかっていないので、それを感じるまでは待つことにします。

 

とにかく今から楽しみです。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー