フードコートの席の取り方で考える正義の難しさ

この記事は3分で読めます

この前、某大型スーパーのフードコートでご飯を食べました。

とても混んでいて、空いてる席が中々見付からない状態だったのですが、運よくぼくはすぐに座ることができました。

 

それでパクパクと食べていると、隣のテーブル席が空いたのです。

4人席。

 

そしたらすぐに次の人が現れて、ハンカチをテーブルの上に置いて行きました。

きっと席を確保してどこかしらで食べ物を注文してこようという魂胆です。

 

ところがそこに家族が来ました。

お父さんお母さんとその息子。

するとその家族のお父さんがおもむろにハンカチを手に取り、4人席の3人座って空いた1席に隠すように置いたのです。

 

「おぉ、マジか」

と思いながらぼくは横目で見ていたのですが、当然、そのハンカチの持ち主が現れます。

 

「あら、ここにハンカチ置いてありませんでした?」

まあそうなりますよね。

 

するとお父さんは

「あーありましたよ、はい」

と悪びれもなく隠したハンカチを手に取り先の人に渡したのです。

 

先の人は少し呆気に取られたご様子でしたが、すぐに

「あのーここのテーブル取っておいたんですけど……」

と言いました。

当然ですね。

 

ところがその一家の主は


「そうですか、すみません」

と言ったきり動こうとしないのです。

※イラストはイメージです。

 

「おぉ、マジか」

と思いながらぼくは横目で見ていたのですが、そのふてぶてしさに面食らったのか、先の人はそれ以上何も言えないご様子。

 

「うそーどうしよう……」

とオロオロしながら辺りを見渡した後、しかしまた思い切って

「ここ取ってたんですよ?」

と切り出すも


「そうですか」

で終わり。

※イラストはあくまでもイメージです。

 

これで完全に勝敗は決した。

先の人は泣く泣くその場を離れて、カウンター席に座るのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人だったんかい(^0^)/

 

それでぼくは思ったのです。

これは一体どっちが正しいのだろうか?と。

どっちが正義なのだろうか?と。

 

スポンサーリンク

どっちが正しい?

「いや先に席取ってた人が正しいでしょ」

と思う人も多いと思うのですが、混んでるフードコートの4人席に、お一人様が陣取るのもどうなんだろう?という疑問はぼくとしては残ります。

二人席だってあるし、一人で座れるカウンターがあるならなおさらです。

 

けれども、確かに先に取ってたという事実自体も無視できない。

ハンカチで自分の陣地だということを証明したにもかかわらず、後から来た家族の(こともあろうに)主が、それを隠滅したというのはいただけない話である。

もしかしたらそのハンカチを忘れ物だと勘違いしたケースも考えられなくはないけれど、それはそれでその対処はどうなんだろう。

それを見て子供はどう思うんだろう。

 

そう考えると、なんとも言えない気持ちになるのでした。

先の人もお一人様として気を遣って席を取る配慮があってもいいような気がするし、空いてないからといって確保された席をぶんどるお父さんもだいぶどうかと思う。

 

一人だからといって4人席に座ってはいけないわけではない、という人もいるでしょう。

どうしても空いてなかったら仕方ないでしょ、という人もいるでしょう。

 

家族って大変なんだよ!子供がいたらなおさらだよ!という人もいるでしょう。

一人だったら別に移ってもらって然るべき!こちとら家族なんじゃ!という人もいるでしょう。

 

スポンサーリンク

どっちがどうもない

きっと客観的な正解はなく、正義もなく、人それぞれ思うところがある、という元も子もない答えに落ち着く話ではあるのですが、自分のこととして考えるととても興味深いやり取りだな、と思うのでした。

 

仮にぼくが先の人だったらどうしただろう?

仮にぼくが一家の主だったらどうしただろう?

そんなことを考えながら、ぼくはぼくでのほほんとご飯を食べるのでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月20日