ニンテンドースイッチ買っちゃった!(本体レビュー)

ニンテンドースイッチ買っちゃった!(本体レビュー)

今日は思い付きで『Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)』を買ってしまいました(爆)。

本当に完全に思い付きです。

強いて言うなら前々からほしいなーとは思っていたところに、たまたま行ったTSUTAYAにて彼女からの懇願があり、買った次第であります。

 

まだゲーム自体はやっていないので、ゲームレビューはしませんが、ゲーム機本体について少し言及しておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチ本体の大きさ比較

まず、何より小さい!

凄いですね。

PS4もぼく持っていますけれど、PS4と比べてこんなに差があります。

なのに結構なクオリティのゲームができる(らしい)。

 

据え置きであり携帯機でもある

ニンテンドースイッチで特に気に入っているところは、据え置きゲームでありながら、携帯ゲーム機でもあるという点です。

テレビに接続すれば据え置きゲームとして大画面でゲームができるのはもちろんのこと、本体自体がディスプレイにもなっているので、テーブルなどに立て掛けてどこでも気軽にゲームができるし、本体自体にコントローラーを装着すればそのまま携帯ゲーム機として遊べるのです。

これは画期的。

据え置きクオリティで携帯できてしまう。

 

ハイクオリティな携帯ゲーム機として

今まで任天堂さんの携帯ゲーム機と言えば『ニンテンドー3DS』だったわけですが、やっぱりクオリティとしてはあまり高くありませんでした。

というと語弊がありますが、それまでの携帯ゲーム機と比べたら質はもちろん高かったのだけれども、「このゲームはハイクオリティでやりたかったなー」と思うゲームもあったのが実際のところだったのです。

 

とは言え、それは携帯ゲーム機の宿命と割り切っていました。

そこに来てのこのスイッチです。

 

据え置きゲームを今更腰を据えてやる気にもならない、という人も少なくないと思います。

高いクオリティを求めながら、面倒臭いことはやりたくない。

だから、そんな面倒臭がりな人(失礼)には、スイッチはかなり打って付けなのではないでしょうか。

 

「据え置きでありながら携帯できるだと?でもどうせ充電そんなに持たないんでしょ」

と思う人もいると思いますが、公式では、本体は約2.5時間~約6.5時間持つとうたっています(ゲームによって差がある)。

コントローラーにいたっては、約20時間(!)持つそうです。

これだけ充電が持続してくれるなら、十分携帯ゲーム機として遊ぶこともできるでしょう。

凄いですね、最近の技術というのは。

 

コントローラーはちょっと使いづらそう

コントローラーは、CMなどで知ってる人がほとんどだと思いますが、最初から2個付いています。

これはファミコンやスーパーファミコンとかと一緒ですね。

任天堂さんはみんなでゲームを楽しむということをコンセプトにしているのか、最初から複数人でゲームをやることを前提としたゲームが多いように思います。

 

しかしながら、コンパクト性を重視したせいか、かなりコントローラーが小さいです。

操作性はお世辞にも良いとは言えず、高い操作技術を求められるゲームをやるには、かなり厳しいものがあると言えるでしょう。

 

ただし、これはコントローラーをシェアした場合。

1人でやるときは、こういう持ちやすくするための用具が備わっています。

 

装着。

 

比較。

 

ただ、これでも決して操作しやすいとは言えないので、やり込みたいという人のために一応操作性を重視したコントローラーが別売りであるみたいですね。

ガチ勢は必須かな?

 

ソフトも小さい!

ちなみに本体と一緒に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を買ったのですが、パッケージに対してソフトがめちゃくちゃ小さい!

ちょっと拍子抜けしてしまいましたが、ソフトが小さいことはいいことですね。

携帯ゲーム機としても遊べるのだから、ソフトも一緒に持ち運べるとやっぱり便利。

まあダウンロード版を買うという手ももちろんありますけれどね。

 

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、まだプレイはしてないのではっきりとしたことは言えませんが、据え置きでありながら携帯機でもあるという点はとっても魅力的です。

それぞれに合ったプレイスタイルを確立できるでしょう。

 

ただ、コントローラーだけはちょっと不安かな?

 

それだけ我慢すれば、気軽に家族や友達・カップルで遊べるでしょうし、長くゲームから離れてしまった大人にも、これからゲームで遊び始める子供にも楽しめるゲーム機かなと思いました。

手軽で気軽でありながら、ゲームとしても質が高い(はず)。

 

ちょっとぼく自身、積読ならぬ積ゲーがあるので、すぐに手を付けるかはわからないんですけれども、もしやったらまた改めてレビューをさせていただこうかと思います。

パッと見と、少しいじった印象としてはこんな感じ。

 

でした!