88歳のおばあさんに学ぶ自分で感じることの大事さ(大家さんと僕)

この記事は3分で読めます

先日、職場の主婦の方にこんな本をお借りしました。

 

『大家さんと僕』

 

お笑いコンビ『カラテカ』の矢部太郎さんと、矢部さんの住む家の大家さん(88歳)の生活を、4コマスタイルで描いたエッセイマンガです。

なんでも、手塚治虫文化賞の短編賞を受賞したということで、「話題のマンガだ」「読んでみなよ」というような流れでお借りしたものでした。

 

それで読んで思ったことを少し書きたいと思います(本のレビューではございません)。

 

エピソード1「初めてのケンカ」

はじめこそ戸惑いながらも、少しずつ大家さんとの生活に慣れてきた矢部さんでしたが、ある日「初めてのケンカ」が勃発します。

※「ケンカ」という印象は受けなかったけれど、その話のタイトルが「初めてのケンカ」だったので、ケンカということにします。

 

ケンカの内容は、大家さんの

「お米ってたくさん炊くと美味しいですね」

という発言から始まります。

それに対し矢部さんは

「え?一緒じゃないですか?」

と返します。

 

そこから

「美味しいわ」

「一緒です!」

というやり取りを何度か繰り返し、気まずい雰囲気になるというもの。

 

しかし、改めて矢部さんがそのことについて調べてみると、本当にお米はたくさん炊くと美味しくなるのだということを知ります。

具体的なメカニズムはわかりませんが、お米は美味しく炊けるのが中心部分で、あまり良くならないのが上面部分になるらしく、そうすると、量が多ければ多いほど中心部分の比率も大きくなるので、結果たくさん炊いたほうがお米は美味しくなるのだそうです。

 

なるほど。

 

スポンサーリンク

大家さんとのお茶会

もう一つエピソードを。

矢部さんと大家さんはよくお茶会をするのですが、大家さんは様々な飲み物を飲まれます。

コーヒーだとか紅茶だとか緑茶だとかほうじ茶だとか。

けれども、夜にお茶をするときは必ずほうじ茶を選ぶらしく、いわく

「よおく眠れるんです」

とのこと。

 

これについても調べてみると、ほうじ茶は眠りの質を悪くするカフェイン量が少なく、更にテアニンというリラックス効果の成分が入っていることを知ります。

つまり大家さんの「よおく眠れる」というのは本当だったのですね。

 

スポンサーリンク

失われてしまった体感力

この2つのエピソードを読んでぼくは思ったのです。

「大家さんのようであるべきだよな」

と。

というのも、健康に関する本というのはいくつも出ていますし、健康に限らずともいろいろな分野で科学的な根拠を基にいろいろなことが言われていると思います。

それらを参考にしてぼく達は少しでも生活を良くしようと工夫してみるわけですが、結局体感力がないから、本当に効果があるのかわからず、半信半疑であり、その工夫を続けられない傾向にあると思うのです。

 

でも大家さんはそんな根拠みたいなものは一切関係なく、体感として「美味しい」とか「よおく眠れる」ということがわかっていて、それを信じている。

この感覚はぼく達現代人には失われつつあることだと思うのです。

こうしたら、こういう結果が出たから、きっとこうなんだ、という感覚。

 

前にもどこかで書いたような気がしますが、百獣の王こと武井壮さんは、自分が最高の睡眠を取れる室温・湿度状態を研究したと言います。

毎日目覚め具合をチェックして、自分が最高の状態で眠れたであろう室温・湿度を把握し、眠る時はその状態になるようにエアコンの類をセットして眠るのだそうです。

 

特に健康の話なんかは、究極的には個体差があり、どれだけ研究が進んだとしても「人による」という元も子もない話に落ち着くことがほとんどです。

最適な睡眠時間みたいなこととかもいろいろな研究がありますが、結局のところは自分が良いと感じる睡眠時間を取るのがベスト。

 

そんなようなものでありますから、最終的には自分の体をよく見て感じていかなければならない。

だから、大家さんのようにもっと「体感」を重要視するべきなんだろうな、と思ったのでした。

 

ちなみに、お米の話は機械ベースになるので、そういうのは科学的根拠に乗っかるのが早いですね。

個体差とかじゃないから。

でもそれを体で感じていた大家さんが凄い、という話でした。

 

ぼくも夜ラーメン食べた次の日は目覚めが悪いという体感がありますから、食べるとしても夜遅くにはならないように気を付けています。

あと糖分取り過ぎると手が荒れることもここ最近でわかったので、それも気を付けています。

 

君の体はどうだい?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ここはゆきちのブログです。

ぼくのことが気になる人はこちらから

ゆきちのこと

 

趣味で音楽もやっています。

YouTubeチャンネルはこちらから。

YouTubeチャンネル

 

つぶやいてもいます。

こちらから。

Twitter

2003年1月
    1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031