ニンニク体臭対策効果のある飲食物の掛け合わせダブルアターーーーーック!(ドカーン)

この記事は2分で読めます

ニンニクは臭い。

美味しいけど臭い。

これは誰もが認めてることであろう。

どんなニンニク好きの人であろうとも、ニンニクをいかに愛していようとも、どれだけ真心を込めてニンニクを生産していようとも、誰もが口を揃えてくれることに間違いはないであろうことと思う。

だってぼく達は人間なのだから。

 

ところで、犬に息を吹きかけると、犬は一生懸命に人間の息の臭いを嗅ぐことをご存知でしょうか。

反対に香水の匂いとかはてんでダメ。

それで考えると、犬と人間では匂い(臭い)の良し悪しがまるで正反対と言っても過言ではないくらいに違うわけだけれど、ニンニクの臭いはどんな風に思うのか、気になるところではありますが、今は置いておきましょう。

 

臭いけれど美味しい。

そう、臭いけれど美味しいからニンニクを食べてしまうよね。

もちろん翌日に仕事があれば控えるけれども、できることなら美味しいから臭くても食べたくなってしまうところよね。

 

そんなとき、どうしても食べたくなってしまって、どうしても食べてしまったときがあるとしましょう(ぼくはないけど)。

そういう時に、明日へのケア、トゥモローケア!なんつって!がはは!ということを昨日書いたわけだけれど、それにはコーヒーがいいんじゃなかろうか、という話をしましたね。

その他にリンゴジュースとお茶がある、ということもチラッと書いたと思います。

あれについて少しだけ、もう少しだけ掘り下げようと思います。

 

スポンサーリンク

まずリンゴジュースに関してですが、本当はリンゴ丸かじりが最高です。

皮まで食うと良い。

だから、ラーメン屋さんに行ったらピノキオのようにリンゴを一つだけでいいですから、持っていって、食べたら、食べたら良い。

 

流石にラーメン屋さんにリンゴを丸々一つ持って行くなんて気が引けちゃうわ、といういたいけな人にはコーヒーとお茶がある、ということを紹介したわけだけれど、牛乳も良いらしい。

改めて調べてみたら牛乳もいいらしい。

むしろ牛乳がいいらしい。

 

ニンニクの臭いには2つの種類がある。

まず1つ目が食べてすぐに臭う「口臭」。

そしてもう1つが消化吸収し、血中にまでニンニクパワーが回ることによって、毛穴という毛穴から臭いで吹き出る「体臭」。

今ここで話してることは後者のケアになります。

だから明日へのケア。

 

リンゴを食べたり、お乳を飲んだり、お豆を飲んだり、おちゃっぱ飲んだりすることによって、ニンニクの臭いの元となるなんとかなんとかというものを分解することができるんだとか。

そうすることによって、血中へと回る臭いの元みたいなものが少なくなり、明日の体臭が軽減されるというわけらしいです。

 

スポンサーリンク

それで気付いたのです。

ぼくはコーヒーを飲むならば基本的にブラックをチョイスするわけだけれど、牛乳もニンニク体臭対策効果があるのだとしたら、それこそここでダブルアタックするのがいいんじゃなかろうかて。

だから、カフェオレ的なものが実は最高に効果があるんじゃかろうか。

 

あるいはリンゴミルク。

ないか。

 

カフェオレであるならば、乳製品としてもコーヒーとしての効果も望めるのだと思いますから、これでニンニクさんは手も足も出ないというものです。

あるいは抹茶ラテ、とかでもいいのかしら。

茶と乳。

 

もしくはやっぱり、シキシマさんのようにリンゴを食うか、ですか。

ないか(いろんな意味で)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。