トイレットペーパーが茶色ではなく白い理由

この記事は2分で読めます

汚い話になるのですが、昔、なぜトイレットペーパーは白いのだろうか?ということを考えたことがありました。

だって、より汚いじゃないか。

付いたとき、より汚いじゃないか。

これがもしもね、茶色いトイレットペーパーだったらば、少しは汚く感じないんじゃないか、なんて思ったわけです。

 

つまり、見えなくしちゃおう、と。

いっそ茶色くして誤魔化してしまえばよかろうと思ったわけです。

 

トイレットペーパーで健康チェック!

ところが、どうやら白いのには理由があるようでした。

それは再生紙がどうだとか、云々だとか、うんうんだとか、おっと、危ない危ない、いろいろあるようですが、それもあるけれど、それだけではない。

というのも、昔の人は自分のビッグベンさんを観察して、自分の健康状態をチェックしていたそうです。

例えば形だとか状態、あとは色とか臭いですね。

 

うーん、最高に汚い。

でもここまで書いてしまったので書ききってしまうことにします。

 

つまり、トイレットペーパーが茶色だったらば、自分の健康状態をチェックするには適していないのです。

適しているのは当然「白」。

だからトイレットペーパーは白くあるべきだったんですね。

 

健康チェックの仕方はこちらをご参照ください。

日本ケミファ株式会社

 

中には香り付きのものでピンクとか緑のとかもあったと思いますが、適しているのはなんと言っても純白。

白いTシャツほど汚れが目立つものはありません。

ならば白いトイレットペーパーほどビッグベンさんが目立つ色もないということになるでしょう。

 

スポンサーリンク

トイレットペーパーでおsiriだチェック!

そしてもう一つ。

健康状態のほかにもう一つ理由があって、拭き切れたかわからないでしょう?

汚いなーと思うけど、本当にこのまま書ききるよ?(どうぞ

 

『いぬまるだしっ』でいぬまる君が

「最後のチェックをしなかったよ!」

みたいなことを言った後に

「いぬまる君、なんか臭いよ?」

と友達につっこまれていましたね。

 

ちゃんと綺麗になったのかを確認するには、拭いて確認するほかございませんでしょう。

それが茶色のトイレットペーパーであったならば、綺麗かわかりづらいというもの。

 

白が白のままであるならば、それはきっと綺麗なおsiriだね。

 

確かに汚い話だったけれど、自分からひねり出すものですから、もう少し歩み寄ってもいいのかもしれません。

現代人は少し潔癖過ぎるところがあるのかもしれませんね。

まあ「トイレに行ったら手を洗えボケカス」みたいな記事を書いたぼくが言うのもなんだけど。

 

出たものは自分の分身。

君の健康状態がわかると思うから、たまに覗いてみてはいかがでしょうか。

 

なんつって。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ここはゆきちのブログです。

ぼくのことが気になる人はこちらから

ゆきちのこと

 

趣味で音楽もやっています。

YouTubeチャンネルはこちらから。

YouTubeチャンネル

 

つぶやいてもいます。

こちらから。

Twitter

2002年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031