今が一番若いなら

この記事は2分で読めます

今日は実家に来てるので雑記をば。

 

最近、自分で言うのもなんですが、なんでも能力きし伸ばせるなーと思うことがあります。

というのも、やりたいことがたくさんあるんだけれど、時間的な制限によりそれは実現できていないわけですが、でもそのどれもこれもがちゃんとやれば物になることが想像つくのです。

例えば言語に関してもそうだし、仕事上のこともそうだし。

音楽に関してもそうだし、映画に関してもそう。

いろいろなものに触れて伸ばせる能力だとか、造詣が深くなるだとか、そういうことができるであろうと思うわけです。

 

わりと最近、プロ棋士の羽生さんが何かでおっしゃってました。

「人間が持っている能力を使い切るには、人生は短過ぎる」

的なことを。

 

あー本当にそうだなーと思います。

伸ばせる能力は無限に広がっているように感じられるのに、どうやらそのいくつかのことしか、それも途中までしか行けないことがわかります。

人生は短い。

寿命的な意味だけにとどまらず、「老い」というものもございますから、もっともっと早い段階で伸びなくなる能力もたくさんあることでしょう。

 

今この段階から、少しも老いることがないのであるならば、どこまでもいくらでも伸ばせるし、何にでもなれるんだなーと思います。

「そんなことは当たり前だ」と思う人もいるかもしれませんが、それを自覚しながらできる限り能力を伸ばしてやろうと思える意識の高い人が、実際世の中にどれくらいいるでしょうか。

かくいう僕も優柔不断なので、時間をかなり浪費してしまうタイプですから、やっぱり自覚的に、意識的に物事をこなしたいところであります。

 

スポンサーリンク

「今が人生で一番若い」

と言ったのは誰だったでしょうか。

子供が成長していく中では、もしかしたら時を待った方が伸ばしやすい能力もあるのかもしれませんが、僕達大人にとってはやっぱり誰でも今が一番若く、可能性があるはずです。

 

そう考えるとワクワクもするけれど、焦りもある。

無限に道が広がっていて、どこでも開拓できるんだけれど、いずれは止まるのか。

ロマンを感じながらも、現実的な残酷さも感じる。

 

だったら好きなことをやるのが一番であろうとも思う。

どうせなんでもできるなら、好きなことを選べばいい。

 

今はとにかくカメラが楽しいのと、映画熱が再発してることと、音楽ももっとちゃんと漁ろうと思っています。

そういうことを少しずつでもいいから、ブログに書けたらいいなー。

 

カメラ、映画然り、音楽も。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。