『星のカービィ スターアライズ』の大人の感想

この記事は2分で読めます

こんにちは。

これまた先日、彼女と一緒に何かゲームをやろうと思って『星のカービィ スターアライズ』というゲームを買いました。

2人でできるゲームをいくつか吟味はしたのですが、気軽にサクサクッとプレイできそうだということでカービィをチョイス。

 

『星のカービィ スターアライズ 紹介映像』

 

実を言うと最後にプレイしたカービィは、スーパーファミコンの『星のカービィ3(以下3)』

本当にもうずっとずっと前のことです。

 

その更に前に、シリーズの中でも特に人気のある『星のカービィ スーパーデラックス(以下SDX)』をプレイしてたのですが、ぼくも例に漏れず『SDX』が大好きでした。

どんな点が好きだったのかというと、横スクロールアクションでありながら、格闘ゲームのようにコマンド技がいくつもあったことです。

カービィと言えばコピー能力で有名ですが、その能力一つひとつに、簡単ではありましたが、コマンド技があったのです。

ぼくは格ゲーも少したしなんでいたものですから、特に面白く感じました。

 

それが『3』になって、コマンド技がなかったんですよね。

ただの純粋な能力技しかなかった。

製作チームがどうだとか、理由についてはいろいろ話には聞いていますが、とにかくぼくにとってはそれがとても残念だったことをよく覚えています。

 

だから、最近のカービィはどんなもんなんだろうか?という思いを抱きながら、今回『スターアライズ』を買いました。

すると、ぼくの大好きであった『SDX』同様、コマンド技がありました。

しかも紹介映像にあるとおり、今回は能力の掛け合わせができるということで、より一層コピー能力の幅が広がっています。

そのバリエーションは思ったほど多くはなかったという印象ではあるのですが、今後カービィというシリーズが更にどんな進化を見せるのか楽しみではありますね。

 

スポンサーリンク

 

ただ、凄く個人的な気持ちを言うならば、カービィは無表情が一番可愛いと思う。

『SDX』、いや、ファミコンの『星のカービィ 夢の泉の物語』のときのカービィが一番可愛いと思うのです。

 

『星のカービィ 夢の泉の物語 プレイ映像』

 

もちろん、今の可愛い路線の方が好きという人がいるであろうことはわかるのですが、ぼくの好みは無表情で声を出さない動物的な可愛さのあるカービィ。

ゲーム全体の印象も、より可愛い路線を感じます。

 

ちなみに難易度としてはかなり低い印象でした。

可愛い雰囲気も然ることながら、ゲームとしての難易度も低めで、良くも悪くも昔以上に子供向けな印象を受けます。

ぼくがもし『SDX』が大好きだったころに『スターアライズ』をやったらどんな印象を受けたのか、今となっては知る由もないわけですが、大人である今は少し物足りなさを感じたというのが正直なところです。

コピー能力に関しては満足ですから、それをもってして、もっともっといろいろなことをやってみたいなーと思いました。

 

最大4人プレイができるので、お子さんのいる家族とかでやると凄く楽しめるのかもしれませんね。

ぼくも子供がいたら一緒にやりたい、そんな風に思うゲームでした。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー