努力しないで上達する事例

この記事は3分で読めます

これまで「努力」「練習」「頑張る」というような言葉を何度も使ってきました。

しかしながら、これらの言葉が当てはまらないままやれてしまって、勝手にレベルアップするパターンもあります。

 

それは

「楽しいからやっている」

という状態です。

 

例えば、多くの男の子、いや女の子も、何かの技術を伸ばすためにゲームをやってきたわけではないでしょう。

楽しいからやっていたんだと思います。

 

でも自然と何かしらの技術って伸びていたと思います。

例えばマリオカートが上手になるとか、スマブラが強くなるとか。

どんなゲームをやってきたかは知りませんが、きっと、いや絶対何かしら伸びてるはず、いや伸びてます。

 

楽しいからマンガを読む。

マンガを読んでいたら勝手に難しい言葉を覚えていた、とかってこともあるでしょう。

ぼくの友達に勉強が大の苦手な子がいましたが、歴史系のマンガを小さいころから読んでいたらしく、歴史だけは得意だったことが思い出されます。

 

じゃあぼくだったらなんだろう。

 

ぼくの場合は、それはエレクトーン(ピアノ)でした。

ぼくのことをよく知っている人は耳馴染みの話かと思いますが、ぼくは小学生の時に、ゲーム『FINAL FANTASY V』の曲がどうしても弾きたくて、家にあったエレクトーンを独学で弾いていた時期があります。

確かに「何かしらの曲が弾きたくて」という目的はありましたが、何よりエレクトーンを弾くことが楽しくて仕方がなかった。

「この曲を弾けるようになるために指のトレーニングをするぞ!」

なんてことは一度も思ったことがなく、ただただ楽しくて弾いていて、勝手に伸びていって、勝手にいろいろ弾けるようになったのです。

 

そこには頑張っている、努力しているという自覚は一切ありませんでした。

もちろん客観的に見れば努力していたのかもしれませんが。

 

そんな熱心なぼくを見て、母は何度か

「ピアノ習ってみる?」

「上手になってもっといろいろ弾けるようになるよ?」

と聞いたことがあったそうなのですが、ぼくは

「いい!」

と突っぱねていたそうです(覚えてない)。

 

恐らく、それが習い事になったとき「楽しいから弾く」ということではなくなってしまうと、直感的にわかっていたのかもしれません。

誰にも邪魔されず指示されず、ぼくが弾きたいように弾くから楽しいのである、と。

 

そしてそれはきっと間違っていない。

 

スポンサーリンク

 

大きくなって、今現在の事例もあります。

仕事で、技術・スピード・正確さが求められる作業があるのですが、ぼくはこれを職場で一番と言っても過言ではないくらい高いレベルでこなしているという自負があります(えっへん)。


※画像はイメージです。

そしてそれは、職場の誰もが認めてくれていることです(えっへん)。

 

だけれども、それでもぼくは全然飽き足らず、今でもずっと技術向上を図っています。

と聞くと、必要以上に頑張っているようにも思われるかもしれませんが、でも決して「頑張ろう」と積極的に思っているわけでもないのです。

 

ただ楽しい。

 

その楽しさは

「自分は一体どこまれやれるようになるのだろう?」

という探究心から来るものです。

 

「もっとやれんだろ」

とも思っています。

 

しかしそんなぼくを見て、周りは

「まだ頑張るの?」「もう十分でしょ」「なんでそんなストイックなの?」

などと言います。

 

いやいや、違うんだよ。

ぼくはただ楽しいからやっているだけであって、そこにストイックとか頑張っているっていう自覚は一切ないんだ。

格好付けているようにも聞こえるかもしれませんが、もちろんそういうつもりもございません。

本当に純粋にそう思っています。

 

それに仕事中って暇だしね。

どうせ暇なら仕事の時間使ってRPGの如くレベル上げした方が有意義じゃん?とも思います。

それでレベルが上がれば職場の為にもなるんだから、一石二鳥でしょう。

 

筋トレできるなら筋トレしたらいいんだよ。

違うか。

 

まあぼくはたまにやってますが(笑)。

 

スポンサーリンク

 

とにかく、本来であればそういう風に臨めることを見付けられたらいいですよね。

練習しようと思って練習するのではなく、楽しいからやってるだけっていう。

 

絵描くのが好きな人は描いてれば勝手に上手くなるし、写真撮るのが好きな人は撮るのが勝手に上手くなる。

もちろん「好きだから続けている」というレベルでは超えられない壁が出てくるタイミングというのもあると思いますが、そのとき初めて「努力するかどうか」ということが問われるのかもしれませんね。

 

ぼくはスポーツは「器械体操」と「バスケットボール」をやっていたことがあるけれど、「好きだから」とは言えなかったなー(遠い目)。


※画像はイメージです。

だからどっちも「頑張って」やってましたね。

 

逆に今バスケやりたいですね。

どれだけやれるのかっていう意味で。

 

体操はもういいかな(笑)。

一回宙できればそれで満足。

 

ああ水泳もやってたなー。

普通に泳ぎたい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月22日

プロフィール

ここはゆきちのブログです。

ぼくのことが気になる人はこちらから

ゆきちのこと

 

趣味で音楽もやっています。

YouTubeチャンネルはこちらから。

YouTubeチャンネル

 

つぶやいてもいます。

こちらから。

Twitter

2003年1月
    1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031