『BUMP OF CHICKEN』が好き過ぎて「好き」じゃなくなった話

この記事は4分で読めます

どこでぼくのことを知って、どういう風なイメージを持っていただいているかはわかりませんが、YouTubeに投稿している動画を見る限り、きっとゆきっつぁんはさぞ『BUMP OF CHICKEN』が好きなんだろうと思われていると思います。

 

 

でもぼくは、あんまりBUMPのことを一生懸命に書きません。

ブログにも、Twitterにも。

 

「好きじゃないのか?」と問われたら好きと答えますし、今も彼等の音楽を聴いているし、追いかけている面もあります。

 

でもね、好きとはちょっと違うんですよね。

というと「好きじゃないんじゃん!」とつっこまれそうなので、急いで弁明します。

 

ぼくがBUMP OF CHICKENというバンドに興味を抱いたのは中学3年生のとき。

当時のぼくはもっぱらゲームの音楽しか聴かなくて、いわゆるJポップと呼ばれるような音楽を全く聴いていなかったのです。

その現状を知っていた兄達に

「高校生になったら友達とカラオケとかにも行くようになるんだから、今からゲーム以外の音楽も聴いておいた方がいいぞ」

と言われたのです。

 

友達付き合いのために音楽を聴く、というのも変な話ですが、なるほど、一理あるな。

と思ったぼくは、頭の片隅で少し「いいな」と思っていたBUMPのことを思い出しました。

正確にはBUMPの『天体観測』ですか。

 

当時はまだYouTubeみたいな動画投稿サイトがありませんでしたから、とりあえずBUMPについて検索してみることにしました。

そのとき動画サイトの代わりに流行っていたのが「フラッシュアニメ」というもので、検索するとBUMPのフラッシュアニメをいくつか見つけました。

それが『K』『ダンデライオン』『ライフメイカー』だったんです。

他にもちょこちょこありましたが、衝撃を受けたのはこの3曲。

この3曲を聴いて、BUMPの好き度がググッと上昇。

 

K

 

でもまだ「BUMPが好き」っていうよりかは「楽曲が好き」という感じでした。

つまり「こんなに良いバンドがいるんだぜ」ではなく「こんなに良い曲があるんだぜ」って感じでしたね。

 

それから幾年かして、アルバム『ユグドラシル』が発売されます。

これを買ったのは兄だったのですが、兄が聴いている横で耳をそばだてていると、何か心にグッと来る曲があったのです。

それが『同じドアをくぐれたら』でした。

この曲の「どうか元気で」というフレーズに強く何かを感じ、同時にぼくは、歌う藤原さんに惚れてしまったのです(爆)。

結果、同アルバムを聴き込み、いよいよBUMP OF CHICKENというバンドそのものにドハマリしました。

(今でも一番好きなアルバムを聞かれたら『ユグドラシル』を挙げます)

 

さて、なんだか説明が長くなってきましたが、このころのBUMPはまだまだ知名度が高くありませんでした。

なんというか、友達に「どんなバンド好きなの?」とか聞かれて「BUMPが好き!」とか言っても

「ばんぷ?って誰だっけ?」

みたいなやり取りがめちゃくちゃ多かったのです。

その度に「ほら、天体観測の」と言うと「あーあのバンドか」とわかってもらえはしたんですけどね。

 

とにかく、そんな風にBUMPに恋してた(爆)ぼくはその現状に満足できず、もっともっと有名になってほしい!と考えていたのです。

そうすると、布教活動をしますでしょ?

その感じは今一生懸命TwitterとかでBUMPのことをアツく語っている人達ならきっとわかっていただけると思います。

 

でもね、ご存知のとおりBUMP OF CHICKENはとっても有名になりました。

そしてぼくを超える「BUMPer」と呼ばれるアツいアツいファンの方々がたくさんたくさん現れ始めました。

 

だからね、もういいのです。

ぼくがBUMPについて語る必要はもはやなく、これまで長い間布教活動をしてきたので、気持ちとしてはもう十分なのです。

あとはもう若い世代に託しました。

十分有名になったしね。

 

というわけで、彼等に対する知識もあるし、シングルを含めたCDも全部持ってるし、インディーズ時代の『FLAME VEIN』『THE LIVING DEAD』も持ってるし、DVD・BDもあるし、ライブにも行くし、ギターも弾くし、カラオケも大半BUMPだし、思いもあるのです。

でも長く追いかけてきた経験を踏まえ、そして今のアツいファンの方々と見比べてみたとき、好きか?と問われると、その思いは少し異なったものになっているのです。

 

ぼくは好きなアーティストを語るとき、人間関係に例えることがあります。

わりと好きなアーティストは友達、超好きなアーティストは恋人、みたいな感じで。

みんな好きだけど、やっぱり特別な存在って誰にでもいるでしょう。

 

それで言うとぼくにとってのBUMP OF CHICKENは、恋人をはるかに通り越した家族になります(『ユグドラシル』のときは、まごうことなき恋人でしたが)。

彼等の音楽性が変わって、恋人とケンカするように彼等についてあーだこーだ言うこともあったりしましたが、家族になるとそういうのもどうでもよくなります。

何が起きようと、まるでお父さんのようにお母さんのように、彼等が頑張る姿をただひたすら見守るだけなのです。

 

もちろんいろいろなことに良し悪しを感じていますし、言いたいこともないわけではないですが、多分何がどうなってもなんだかんだ彼等の音楽を聴き続けるんだろうなーと思います。

 

そう考えると、ぼくは彼等のファンの中でもかなりヤバイ層に入るような気がします。

だって彼等のことを「家族」とか言っちゃってるんですから、相当頭おかしいよ(笑)。

 

だから「恋」じゃなくて「愛」なんだと思う。

恋してるんじゃなくて、愛しているの。

そしてこれは思いの「強さ」ではなく、思いの「長さ」によって行き着く領域な気がする。

 

ただ、他のファンの方に誤解のないように言いますと、これは「誰よりも彼等のことをわかっている」「誰よりも彼等が好き」という話ではございません。

むしろ良くも悪くも冷静に彼等を見ている分、かなり冷めているようにも見えるでしょう。

 

でも、確かに声は小さいけれど、ここにもこんなファンがいることを彼等には決して忘れないでほしい。

頑張れ『BUMP OF CHICKEN』。

 

茶でも飲みながら、大勢のファンの後ろから永遠に見守っております(怖っ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. 2017 07.08

    なとぅ

  2. 2018 01.18

    「うh」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。