問題です。「定義山」、なんと読むでしょう(えちごせいか!(違います

この記事は2分で読めます

※画像はイメージです。

 

そういえば宮城には「定義山」と呼ばれる寺があります。

正確には「西方寺(さいほうじ)」。

その正式名称を知っている人は、宮城県民であってもそう多くはないでしょう。

 

さて、この「定義山」。

読み方わかりますか?

 

普通に読めばきっと「じょうぎさん」あるいは「さだよし……さん?」みたいな感じだと思うんですが、宮城ではこれを「じょうさん」と読んだりします。

 

まあ日本語は

「そんな読み方絶対しないでしょ!」

と思わず声を大にしてツッコミたくなるような読み方をする地名の漢字、ないしはキラキラネームがたくさんたくさんございますので、定義山がじょうげさんであっても「ふーんそうなんだ」程度にしか思わないかもしれませんが、一応ご説明しましょう。

 

定義山をじょうげさんと読むのは、仙台弁特有の発音から来たものらしいのです。

つまりもともとはちゃんと「じょうぎさん」だったのに、仙台弁がいきなりなまってっからいつの間にか誰かが「じょうげさん」とか言い始めて、それが浸透していって、いつしか定義山がじょうげさんになっちゃったんだてば(んだいが

 

なんならそれにあやかって、住所も「仙台市青葉区大倉字上下(じょうげ)」になっちゃってますからね。

「そのじょうげじゃねーよ!」というツッコミをしたい気持ちを仮に抜きにしても、まあ結構昔の人ってテキトーよね。

 

ただ、いくら仙台人が「定義はじょうげだすぺ!」なんつったって、他県の方々にはやっぱりわかりませんから、最近は公式で読み方を「じょうぎ」にしちゃってるらしいです。

道路の案内標識とかも、もう「Jōgi」ってしちゃってるらしいです。

 

スポンサーリンク

 

で、前回も書きましたが、最近の仙台民はもうほとんど訛っていませんので、だいぶ「じょうぎ」に落ち着いてきたのかなーと個人的には思っています。

どっちの勢力もあって、「じょうげ」だったり「じょうぎ」だったり、今は移り変わりの過渡期で現地の人もどうしたもんか困っているかもしれませんね。

 

ちなみにぼくも度々訪れていて、肝心の西方寺の写真はなかったのですが、付近の写真がいくつかありましたのでご紹介します。

風情あり、自然ありの素敵なところでございますよ。

 

ちなみに道行くお店に「ホクト」というかわいい看板犬がいます。

大人しい良い子です。

 

あと、定義山といえば「三角あぶらげ」が有名です。

とっても有名なので、県外にも知っている方がいるのではないでしょうか。

昔友人のらりっとる君に、三角あぶらげを食べるためだけに誘われたことがありました。

食べかけ御免。

 

というわけで、問題「定義山」の読み方の正解は、えちごせいかではなく「じょうぎさん」、または「じょうげさん」でした。

中には「さだよし」という人もいるみたいで、一番混乱してるのは仙台人だったりします。

 

さて、これでまた1つ仙台に詳しくなりましたね(にっこり)。

 

へば!←まず言わない

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。