米粉パン屋さん『MonaMona』に行ってきた

米粉パン屋さん『MonaMona』に行ってきた

昨日は宮城県富谷市にある『MonaMona』というパン屋さんに行ってきました。

と言ってもわりと頻繁に通わせていただいているので「行ってきました」とかしこまるほどのことではないのですが、最近リニューアルオープンしたんですね、MonaMonaさん。

そのリニューアルオープン後は初めての来店だったので、改めて記事でも書こうと思ったところでした。

 

スポンサーリンク

『MonaMona』とは

こちらのお店は「米粉パン」が売りとなっています。

そう、小麦粉じゃなくて米粉。

食べた印象としてはやっぱり小麦粉よりもモチモチした感じで食感がいいんですね。

 

あとこれはぼくの体感なんですが、甘い系のパンが甘過ぎない。

多分砂糖をあんまり使っていないんじゃないでしょうか。

とっても優しい味わいで、もしかしたら子供とかには物足りないかもしれないけれど、大型スーパーなどにあるパン屋さんとは違った優しげなパンが楽しめます。

 

追記

ちゃんと調べてみたら、

「保存料やイーストフードなどの改良剤を使用しない体に優しい米粉パン」(公式ページより)

とのことでした(ぼくの体感は間違っていなかった!)。

 

いや、でも砂糖は普通に使ってるのかな?

わかんないけど、でも使用量は少ないはず。

 

米は安心の宮城県産『ひとめぼれ』を使用。

季節物も含めると80種類以上ものパンがあるそうです(そんなにあったのか!)。

 

スポンサーリンク

リニューアル後の店舗

さて、リニューアルについてですが、調べてみるとリニューアルは10月だったということで、ともすると「頻繁に」通っているわけではないということがバレてしまった(爆)。

でも月一くらいでは行くかしら。

多ければ2回でも3回でも行ってると思う。

し、初めて行ったのは確か7,8年くらい前だったと思うから、そこそこ長い付き合いのお店です。

 

もともと店舗としては雰囲気はとっても良くて、パンが映える店内だったのですが、いかんせん狭かったのです。

パンを選ぶスペースも広くなかったですし、買ったパンを食べられる飲食スペースも用意されているのですが、席は4席のみだったし。

そのこじんまり感がまた良い味出していて、それはそれでお店としては好きでした。

好きでしたが、実際問題として、休日に行くと人が多いので、とてもじゃないですがゆっくり選べるような状況ではなかったのです(つまり人気店なのだ!)。

 

で、今回リニューアルにあたってどうなったかというと、とっても広くなっていました!

 

これがもともとあった方。

 

ぼくの記憶頼りの店内イメージ図。

ぼく今2LDKの部屋に住んでるんですけど、工房含めても多分ぼくの部屋より狭かったんじゃないかな。

 

その隣に広い雑貨屋さんがあったのですが、そこがMonaMonaへと変わりました。

 

きっと外観ではわからないと思いますが、店舗内の広さは軽く4倍くらいはある印象です。

もっとあるかもしれません。

逆に広過ぎて、パンが少なく見えたくらいですよ(いいのか

 

記憶頼りのイメージ図。

 

飲食スペースも広くなり、4席から一気に32席(!)になった模様。

持ち帰りで買う人がほとんどだったと思われるパン屋さんでしたが、これで買ってそのまま食べる人も増えることでしょうね。

カフェ的にママさん方が来るようにもなるかしら。

 

というわけで米粉のパン、ぜひ一度ご賞味あれ!

 

HP:MonaMona

住所:宮城県富谷市成田1丁目6-1

 

ちなみに300円以上お買い上げになると、コーヒーか自家製スープが無料でいただけますよ。