紅葉前の9月に鳴子峡に行ってきた

この記事は3分で読めます

宮城県大崎市の鳴子峡

先日、宮城県大崎市にある鳴子峡(なるこきょう)に行ってきました。

地元宮城県民であるならば、鳴子峡がどんなところかわかると思いますが、一応解説をしておきます。

 

紅葉が綺麗で有名なところだよ!

 

しかしながら、ぼくが行ったのは9月の半ば。

まだまだ宮城は紅葉しておりません。

 

じゃあどうして紅葉が綺麗なことで有名な鳴子峡に、紅葉していないこの時期に行ったのかというと、お察しのとおりシーズンは大変混むからです。

確か2年くらい前に紅葉シーズンに行ってみたのですが、そのときはまあとにかく凄い人だったのです。

とてもゆっくりできるような状態ではない。

しかも天候にも恵まれなくて、小雨が降ってて寒かった。

 

というちょっと残念な思い出だったのです。

 

だから、今回は紅葉シーズンではない晴天に行ってやろうと思ったのでした。

そして全力で自然を楽しむ。

 

スポンサーリンク

紅葉前の鳴子峡の様子

とはいえ9月。

もしかしてもしかするともう人が集まる時期かしら?という一抹の不安は感じていたのですが、全く心配はいりませんでした。

車はきっと10台もなかったでしょう。

それくらいガラッガラ。

 

まあ考えてみれば当然の話だとは思うのですが、シーズン中は第何駐車場までいっぱいになり、更に駐車場代まで徴収されます。

今回はそういったものはなく入場フリー。

止め放題。

だったので、なんだか嬉しくなったのです。

 

9月の森の色具合

では改めて、9月の鳴子峡の緑の様子を見てみましょう。

おー(何が

 

動画も撮ってみました。

 

確かにこれが紅葉で色付くととっても綺麗なんだろうなーとも思うのですが、これはこれで緑の森がもりもりしてて、もりもり綺麗ですよね。

より深い緑を体験したいのであればやっぱり夏場がいいんでしょうけれども、この時期は涼しくて過ごしやすいので、個人的にはこの夏と秋の境目がちょうどいいよなーと感じました。

人も少ないですしね。

 

遊歩道があった!

ところで、上の写真に写っているおじいちゃんおばあちゃんの立ち位置に行くと、下を覗くことができます。

すると、前に来たときは、混んでたのと寒さですぐに撤収してしまって気付かなかったのですが、下に道があるではありませんか!

 

というわけで下りられるところを探すと、歩いて3分もしないところに入り口発見。

 

なんだこの物々しい門構えは……。

 

なんかいろんな意味で危険そう。

こういうの、ドラマの『金田一少年の事件簿』思い出しちゃうなー。

怖かったなー。

 

道は階段だったり坂だったりするのですが、場所によっては結構急勾配です、足元にご注意を。

 

自然を大切にしよっか。

 

道のバリエーション豊か。

それだけ無理矢理作った道だということがわかります。

 

途中滝を見ることもできます。

 

湧き水?も浸り落ちる。

自然って素敵よね。

 

遊歩道の終点

ここが現状の終点。

階段の数は340段でした(数えた)。

 

昔はもっと奥まで進めたようですが、恐らくは震災の影響で途切れている様子。

 

終点でのパノラマ映像。

川がT字路状になっていて、様々な景色を楽しめます。

 

そういえば途中で小さなヘビを見かけました。

あとトンボもたくさん飛んでましたし、カメムシもいました。

 

ぼく車の窓を数センチほど開けてきちゃって、戻ってみると、危うく車内にカメムシが入るところでした。

数センチと言えど、山での窓開けは気を付けましょう。

 

鳴子峡の施設環境

ちなみに付近には、ちゃんとレストハウスがございます。

中には食堂とお土産さんが広がっており、ちゃんと『鳴子峡』としてのお土産もございます。

というのも、こういうところのお土産って結構「宮城県」とか「大崎市」「仙台市」とかっていう、他のところでも売ってるようなお土産しか置いてないときってあるじゃないですか。

その点ここ鳴子峡では、鳴子峡としてのお土産もしっかり置いてある、と。

いいよねそういうの。

 

あとこういう広場も広がってます。

お子さんがきっと元気に走り回ることでしょう。

大人だってはしゃぎたい!(どうした

 

お便所。

トイレの心配はあると思いますが、この公衆便所っぽいのと、あと上の写真のレストハウスにもトイレがございます。

そして一応確認してみたところ、こんななりして(失礼)、ちゃんと洋式で、しかもウォシュレット付でした。

女の人も安心です(もちろん男だって!)。

 

案内板はグローバル。

留学生のダニエルと一緒に来たらいいよ(誰

 

スポンサーリンク

9月の鳴子峡も決して悪くない

というわけで、9月の鳴子峡でした。

ご覧のとおりまだまだ紅葉には程遠い状態ですが、すれ違った人はほんの10人程度。

もし色付く葉っぱに興味がないようでしたら、そして暑いのが苦手なようでしたら、秋口のこの時期に来てみたらいいと思います。

とっても快適に、最高に自然を楽しめますよ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

ここはゆきちのブログです。

映画の感想を主に書いています。

ぼくのことが気になる人はこちらから

ゆきちのこと

映画ブログのことが気になる人はこちらから

ブログについて

なおブログメニューはページ上にありますのでご活用くださいませ。

 

趣味で音楽もやっています。

YouTubeチャンネルはこちらから。

YouTubeチャンネル

 

つぶやいてもいます。

こちらから。

Twitter

2003年1月
    1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031