仙台駅のステンドグラスの場所をざっくり説明

この記事は2分で読めます

「じゃあ伊達前ね!」

昔、仙台で集合するとなれば、決まって「伊達前」と言われていました。

これは2008年まで仙台駅内に置かれていた「伊達政宗像」を目印とし、そこに集合することを意味します。

 

何を隠そうこの画像は、その伊達政宗像とぼくである。

 

ところがその2008年に、仙台駅改修に合わせて伊達像は移設されてしまったのです(現在は宮城県大崎市にある有備館駅に置かれている模様)。

 

「じゃあステンドグラス前ね!」

そんな大きな目印(存在)となっていた伊達像を失った現仙台人は、一体どこに集まるのかと思っていたのですが、どうやら今は、その伊達像があったすぐ隣の『ステンドグラス』が目印とされているようですね。

まあつまり、大まかな場所は今も変わっていない、と。

 

それで調べてみると、結構「仙台駅のステンドグラスってどこ?」みたいな疑問を抱いている方々が見受けられましたので、仙台に遊びに行きがてらぼくが直々に写真を撮ってきましたので、どうぞご覧ください。

仙台駅内をあちこち撮っていたので、なにやらチラシを配っている人に「あ、観光ですか?」と聞かれたのは内緒です。

 

スポンサーリンク

スタート地点1 ペデストリアンデッキ

まずスタート地点を決めましょう。

仙台駅の2階から広がるペデストリアンデッキで見てみます。

(なお画像は一部ぼくの顔写真により加工されています)

ちなみに西口です。

 

まずは『LoFt』を探す

辺りを見渡すと『LoFt』が見えると思います。

 

LoFtを正面に迎えまして、グルッと半回転します。

 

22.5°

 

45°

 

67.5°

 

80°(細かい

 

90°

いっぱいぼくがいましたね(にっこり)。

 

2F 入り口 2-4

そうすると、こんな標識が見えます。

2F 入り口 2-4

 

仙台駅内

ここを入るとこんな景色が広がります。

時期によってパッと見の印象は変わるかもしれませんが、おおむね特産品的なものが売られていると思います。

 

ここから右後ろへと振り返ってみましょう。

(ブンッ)

 

 

あ、あった!

 

なにやらごちゃごちゃとした(失礼)ステンドグラスが見えると思います。

そして実際にそこに女子高生が一人、誰かを待っているようですね。

 

スポンサーリンク

スタート地点2 JR改札

次に、スタート地点をJR(電車)の改札にしたいと思います。

JR線中央口改札です。

 

目印は上に見える大きな時計。

(ここにもたくさんのぼくがいます)

 

ここをまたクルッと90°振り返ってみましょう。

 

あ、あった!

 

これでもう迷いませんね。

 

ステンドグラスの歴史

ちなみにこのステンドグラスには、こんな歴史的背景があるそうです。

ぼくより年上です。

 

地下鉄でお越しの場合

ところで、これが地下鉄からとなると結構説明が面倒臭くなります。

わりと遠いですからね。

 

だからもし地下鉄で行こうという場合は、とにかく仙台駅を目指しましょう。

もしくはペデストリアンデッキに一旦上がって、それから駅に向かう。

 

で、この段取りを踏んでいただければきっと着きますよ!

 

ちなみに今回の写真の中に、ぼくは32回登場しています。

ぜひ数えてみてくださいね(にっこり)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。