『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の観直しレポート

この記事は2分で読めます

2015 Star Wars: The Force Awakens

スター・ウォーズの最新作が観たいなーということで、前作にあたる

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

を観直しました。

復習しないで新作観ちゃおうかとも思ったんですが、思い返すとあんまり細かい内容が思い出されなかったので、観ておいたほうがいいだろうなーと思って観た次第であります。

 

と言っても、大まかには覚えてたんですよ。

ここでこのキャラがこうなって、あそこであのキャラがああなっちゃう感じ。

 

じゃあ何が思い出されなかったかというと、女主人公(?)レイの生い立ちと、主要人物であるフィンの生い立ちなどなどです。

「あれ?あの人達って結局なんでああなんだっけ?」

ということが全く思い出されなかったのです。

それを確認するがために観直したと言っても過言ではありません。

 

しかし、そうか、

 

観てもわからないのか!(爆)

 

というのも、レイがどうしてあそこにいてあんな感じで「フォースの覚醒」なのか、みたいなことは、一応ヒントっぽい映像は映るものの、はっきりとは明言されていないんですね。

フィンも、どういう流れでストームトルーパーになったのか、洗脳されなかったのか、みたいなことは、明言されないんですよね。

まあチラッとは説明してたかな?

でもちょっと主要キャラとしては説明不足のような気がするから、まだ裏があるんじゃないかなーと勝手に勘ぐっているところ(違ったら恥ずかしい)。

 

だから、2人の生い立ちについてはわからず仕舞いで、観直さなくても大丈夫だったなーなどと思っているところでした。

 

スポンサーリンク

 

さて内容についてですが、確か賛否両論だったかと思います。

「スター・ウォーズファンだからこそ楽しめる!」

という人もいれば

「スター・ウォーズファンには楽しめない!」

という人もいました。

どっちだよ。

 

ぼくは熱心なファンではなく、正直スター・ウォーズの知識については浅いので、どっちの立場とも言えません。

そんなどっちつかずな立場のぼくが、どっちつかずなりに言わせてもらうと、なんか「見習い同士の抗争」って感じですよね。

 

主人公側もフラフラしてて、まだまだペーペー、見習い、修行する立場って感じだし、かと言って敵側もフラフラしてて、まだまだペーペー、見習い、修行する立場って感じで、中ボスと中ボスの戦いって感じが凄いするんですよね。

そりゃあ前の作品にあたる『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』は大ボス同士の戦いでしたから、その後に観たファンは少し肩透かしを食らう可能性は十分にあるなーと思うわけです。

ちょっと戦いとしては味気ない。

し、相変わらず兵器がもろい(これは過去作のオマージュだと思いますが)。

 

でもまだ序章だし、顔馴染みも出てきて盛り上がったし、ここから始まる新たなスター・ウォーズですよ!フー!という人は、純粋に楽しんだんじゃないかなと思います。

そんな二極化。

 

ぼくとしてはどっちの気持ちもあって、確かにちょっと退屈に感じたところもあるけれど、これが次の作品でのルーク・スカイウォーカーが荒ぶる壮大な前振りだと考えると、とてもワクワクもしました。

ちょっと退屈だけれど、ドラマの1話目と考えれば、今後の期待もできるというものです。

そんな印象。

 

まあ実際、次の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でルークがどれくらい活躍するのかはわかりませんが、ぼくはそんな期待を寄せて観に行くとします。

 

何しろ「最後のジェダイ」だからねー。

 

うーん。

 

いろいろ勘ぐっちゃう。

 

いやそういう意味じゃないのかな。

レイのことを言ってるのかな

でもレイが子供生めば「最後」にはならないしな。

 

まあなんにせよ、予告もほぼ観てないからいろいろ楽しみである。

 

もちろんレイとかフィンとかカイロ・レンの活躍にも期待。

 

ちゃんと修行した?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。