4DXと4DX3Dの比較感想

4DXと4DX3Dの比較感想

そういえば『リメンバー・ミー』は、1回目の鑑賞は通常上映、2回目の鑑賞は思い切って4DXで観てきました。

前に4DXを体験したときはわりと楽しんだ覚えがあったので、結構期待して観に行ったのですが、今回はちょっと微妙に思うことがありました。

ので、そのことについてちょっと書こうと思います。

 

スポンサーリンク

4DXと4DX3Dの違い

前に観たのは『ジュラシック・ワールド』でした。

『リメンバー・ミー』同様、1回目は通常で観て、2回目は4DXという流れでした。

 

正確に言えば4DX3D

4DXというだけで3Dも含まれると思われるかもしれませんが、実は別物です。

4DX体験だけできるものもあれば、3Dだけのものもあるし、4DXと3Dが合わさった4DX3Dもある。

 

で、『ジュラシック・ワールド』はその4DX3Dだったわけです。

それが個人的に楽しかったんですね。

 

だから、『リメンバー・ミー』も4DX3Dで観ようと思っていたのですが、4DXだけの上映しかなかったのです。

ぜひあれをまた体験したかったんだがなーと思ったものでしたが、ないものは仕方がない、4DXだけで観るか、という感じで観ました。

 

しかしながら、

「やっぱり4DXは3Dであってこそだな」

と思ったのです。

というのも、映像を2Dで観ながら席を揺らされたりしても、なんだかいまいちピンと来ない。

やっぱり3Dで見て、より没入状態になってこそ、4DXの効果がより効果的になると思ったのです。

 

3Dも含むとより一層お値段が上がるわけですが、個人的にはそれだけの価値があると感じます。

 

スポンサーリンク

それぞれの良さがある

4DXそのもののお値段はぶっちゃけ高いと思いますが(爆)、面白そうな映画があれば観てもいいかな、とは思います。

 

エンタメですからね。

映画に集中出来ない!という人もいますが、そもそもそういうコンセプトじゃないですからね。

家族とか、恋人とか、友達とかと楽しむ為にあるものであり、映画そのものの質を上げるものでは決してないと思う。

あくまでも「映画館で映画を観る」という体験価値を高めるものだとぼくは認識しています。

 

それにはやっぱり4DXだけでは物足りないので、3Dもぜひ足したいところですね、ということですね。

 

映画を映画として最高に楽しみたいのならIMAXがやっぱり一番。

 

4DXには4DXなりの楽しみ方がきっとある。