ぼくが思う映画の吹き替え(声優)が上手な芸能人

この記事は2分で読めます

俳優・芸人さんの吹き替え

『映画は字幕と吹き替えのどちらがいいのか』という記事で、

「吹き替えは超ヘタクソな人がやる場合もある」

ということを書きました。

 

まあ正直な話をしますと、あらかじめ「これはやばそうだな」という感じがする映画については率先して字幕を観ますので、どなたがヘタクソかというのはあんまり知りません。

一応噂では聞いたりしますが、やっぱり自分で聞いてみないことには実際のところはわかりませんから、そういうことには言及しないでおきましょう、うん。

 

ただ、これまで縁あって吹き替えで観たりした映画の中で、この人は上手だなと感じた人が何人かいらっしゃいますので、少しご紹介しようかと思います。

 

スポンサーリンク

ディズニーはみんなお上手

まず、ディズニーはみんなおおむね上手だと思います。

特にピクサー。

もちろん微妙だなーと感じる人もいらっしゃいますが、多くが上手だと思います。

 

例えば『トイ・ストーリー』のウッディ役の唐沢寿明さん。

誰もが認めていますね。

バズ役の所ジョージさんは、一部批判もあるようですが、ぼくは味があって好きです。

 

『モンスターズ・インク』のマイク役の田中裕二さんもお上手。

エンディングの歌も素晴らしい。

 

『ファインディング・ニモ』はマーリン役の木梨憲武さんも上手だと思いますが、やっぱりドリー役の室井滋さんが好きかなー。

 

『塔の上のラプンツェル』のしょこたんこと中川翔子さんも良かったですね。

言われて聞いてもあんまりしょこたんっぽさを感じない。

 

あとは『カーズ』のメーターのぐっさんとか『Mr.インクレディブル』のシンドロームの宮迫さんとか。

 

あとはー

 

んー

 

んー

 

あれ?

 

誰も思い浮かばない!(爆)

 

スポンサーリンク

意外と出てこなかった

もうちょっとぱっぱといろいろ出てくるかと思っていたんですが、意外と思い付きませんでした。

考えてみればそれもそのはず、だってほとんど字幕で観ているんだもの

ぼくが語るべき内容ではなかったですね(苦笑)。

 

もちろん他にも吹き替えで観たものもないこともないのですが、んーちょっとどれも微妙でしたねー、誰とは言いませんが。

 

世間の評価に対して少し

そうそう、でも『ジュラシック・ワールド』の玉木君は、世間一般的には結構不評みたいでしたが、ぼくは上手だと思いましたよ!

ただ、多くのご指摘どおり、彼は声が独特なので「玉木です!」っていう印象は強かったですね。

「彼の顔が出てくる」という意見が多いようでした(でも決して下手ではなかったと思う)。

 

あと『アラジン』の初代の声、羽賀研二さんがやたらと「上手」という声を聞きます。

ぼくもアラジンの声は好きでしたが、何しろ幼少期の頃からずっと観ている映画なので、今更上手い下手の判断ができないのですが、そうか、あれは上手だったのか。

『キングダムハーツシリーズ』を含めた全アラジンの声を彼にやってもらいたかったものですね(現在服役中)。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。