作曲ができてもDAWソフトを使えなければ意味がない

作曲ができてもDAWソフトを使えなければ意味がない

というわけで早速『初音ミク』、及び作曲ソフト『Stucio One』いじってみてるんだけど、音色多っ!

音の種類がめちゃくちゃ多いです。

 

一応前々からそういうソフトは使っていたので、なんとなく種類の豊富さは知っていたのですが、いざ作ってみようと思って改めて確認してみると、本当に音の種類が半端じゃない。

ちゃんと作りこむ人はここに更に追加したりするんでしょ?

いやー流石にその未来は見えてこない。

強いて言うならドラムの音源はこだわりたいけれど。

 

それで思うのですが、もうこれは別の技術が必要なんですよね。

作曲ができるとかできないとかの問題じゃなくて、音楽を作るソフトをいじれるかいじれないか、という別の技術が必要だなーと。

たとえどれだけ上手に絵が描けたとしても、絵のソフトを使いこなせなければそれを生かせないように。

あるいは、ピアノを弾ける人が「音はわかってるんだけど~」と言いながらペキョペキョとギターを弾いてるくらい、そのくらいの違いがあるように感じます。

作曲ができたって、音源選びとか、表現方法とか、ミックスとか、いろいろ考えることは多く、これはちょっと楽器を練習するかのように音楽ソフト(いわゆるDAWソフト)をいじる練習をしていかないといけないなーと考えてたところでした。

 

だから、処女作は時間掛かりそう。

 

というわけで、いじってきます!