できないのなら補助道具に頼ってもいいんだと思えた話

できないのなら補助道具に頼ってもいいんだと思えた話

カポタストとは

ギターにはカポタスト(以下カポ)と呼ばれる道具があります。

これはいわゆるキーを変える道具になりまして、用途としては、ちょっと押さえづらいコード進行を押さえやすいコード進行にしてくれます。

あとは曲の雰囲気を変えたいときとかですね。

 

ただ、ぼくはカポを使った曲をほぼ全くと言っていいほど弾いてこなかったので、いまいち使いどころがわからずにいました(一応持ってはいる)。

 

ところが、最近後輩にギターを教えているのですが、その後輩に今日こんなことを言われたのです。

「どうしても F♯m が押さえられないってことを友達に言ったら、カポ使えば押さえやすくなるよって言われたんですけど、そうなんですか?」

 

ははーん。

 

なるほど。

 

んー。

 

ん?

 

んー。

 

そうか。

 

 

なるな。

 

スポンサーリンク

『Stand By Me』のコード進行が簡単になる

もう少し具体的に言うと、今『Stand By Me』のコードを進行を教えてて、それが

A → F♯m → D → E → A

という繰り返しになっているのです。

 

 

これが、カポを2フレットに付けることにより

G → Em → C → D → G

となり、いわゆるバレーコードと呼ばれる、人差し指で複数の弦を一気に押さえる初心者殺しコードが登場しなくなる、というわけです。

 

なるほど。

カポを全く使ってこなかったぼくはそんな方法なんて思い付くことなくて、初心者の後輩に無理を強いていたのかもしれない、と思いました。

 

心情的には複雑

でもそれを聞いたとき、心情としては少し複雑だったのです。

どうしてかいうと、バレーコードはいずれはぶち当たる壁です。

だったらば、早く弾けるようになるに越したことはなく、難しいからと言って道具に頼って簡単にしていいものなのだろうか?と思ったからです。

 

ぼくとしてはどちらかというとそういう立場を今まで取ってきました。

なんなら道具に頼ることは甘えで、純粋な状態でできてこそ本物の技術であろうと、そんな風に思っていたのです。

 

ぼくも補助道具に助けられた

だけれども、よくよく考えみると、自分もいくつもの道具に頼ってきました。

例えば自転車は補助輪が付いていたことが思い出されます。

補助輪を付けて、徐々に徐々に自転車の運転に慣れてから、やっと一人前の自転車走者になれるというものです。

 

お箸の持ち方も、なんか変な道具を使っていたなーと思い出しました。

こういうの。

それによって矯正されて(?)、正しい持ち方を習得したわけです。

 

初めてのボウリングも、ガター防止のバーを設けてもらいました。

これでガターにならずに、必ずピンにボールが当たるという体験をしたのですね。

 

逆上がりの練習道具もありますよね。

駆け上がってクルンと回るあれですね。

 

そうやってぼく達は、何かしらの道具の力を借りて、それに慣れ、少しずつ成長してきたものだよなーということを思ったのです。

 

 

スポンサーリンク

補助道具に頼ったっていいと思えた

そう考えると、ギターだって初めくらい何かの道具に頼ってもいいではないか、と思えたのです。

バレーコードは先にも書いたとおり、押さえることが難しいのでよく「初心者殺し」とか「挫折コード」と呼ばれたりするコードです。

だったらば、そんな難しいコードは一旦放っておいて、まずギターの楽しさを体験してもらうことにフォーカスしても良いではないか。

そうして慣れて楽しめるようになってから、徐々に難しいコードも覚えて、押さえられるようになっていったらいい、と。

 

なるほど、とぼくは目からウロコが落ちる思いでした。

いきなり本物に挑戦する必要はなく、補助を借りて上を目指す道もあるんだな、と。

ぼくはいろいろなことを独学で覚えていったタイプなので、あんまりそういう発想がなかったのです。

でも誰かに教えてもらったことを思い出すと、そうだ、ぼくもたくさんの補助道具に助けられたんだ。

 

バック転だって、ソフトマットだったり、あるいは指導者に補助をしてもらって、徐々にできるようになっていったものでした。

 

まあ、カポを補助道具と言えるのかはわかりませんが、結果的に簡単になるという意味で、ここでは補助道具として考えることにします。

 

そんなことをあれこれと考えた上で、

「(カポ)使ってもいいですか?」

と後輩に聞かれたので

「うん、いいんじゃない」

と答えました。

 

そもそもぼくが制限することでもないんだけどね。

聞かれたので。

 

しかしなるほどなー。

 

カポかー(まだ言ってる