全部を受け入れるのではなく良いとこ取りすればいいという考え方

前回と前々回の話を踏まえて考えると、客観的な正しさはないということになりますが、そうすると、全てのことは自分にとって「知識」でしかないということになります。 それが誰かにとっての知恵であっても、それが自分に伝わった段階では知識でしかなく、それを自分にとっての知恵にできるのは自分だけ。   そうやって考えると、本の読み方も自ずとわかってきます。 例えば、対立することを言っているAとBという […]

あなたに合った正しい健康法の見付け方

前回の延長線上の話なのですが、健康法にもいろいろあるというのは、ぼくが口癖のように言うことです。 改めて何個か挙げてみますと、1日1食がいいとか2食がいいとか、いやいや3食がいいんだといえば5食がいいとか。 朝食を抜いたらいいとか、お昼を抜いたらいいとか、夜を抜いたらいいとか。 コーヒーは胃に良いとか悪いとか。 睡眠のゴールデンタイムは確かにあるとか、実はないとか。 糖質は全く取らない方がいいとか […]

『君たちはどう生きるか』を読んで学んだこと(意識高め)

  • 2018.03.15

ぼくは自己啓発的な本が嫌いではありません。 実際に意識が高くあるかというのには疑問があるけれど、意識を高く持とうという気持ちはあるので、その時点でいくらか意識が高いと言えるのかもしれません。   映画にも漫画にも、何か感銘を受けることがあったらば、積極的に学びにしたい。 さあ「学び」なんて言葉を使った日には 「どんだけ意識高いのwww」 と揶揄されてしまうだろうけれど、「学び」に対して「 […]

お金は大事だが時にはお金が大事じゃないこともある話

昨日、お水を買いました。 2Lの。 いつも6本入りの箱買いで、大体300円代で買うことができます。   それをいつも3箱くらいまとめて買って、何日かを凌ぐのですが、昨日は安いお水が1箱しかなかったのです。 おやおや。 これは一体どうしたもんか。   するともう一種類、ほぼ手付かずのお水がありました。 なんだ、あるじゃないか、と思ってお値段を確認しようと思ったのですが、どうやらこ […]

『ブラックパンサー』はアベンジャーズに向けて観るべきかどうか(映画感想)

『ブラックパンサー』を観てきました。   実を言うと少し惰性的で、続く『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を最高の状態で観るために観たと言っても過言ではない、というのが正直なところです。 というのも、別にそこまで「ブラックパンサー」というキャラクターに魅力を感じていたわけではなかったからです。   そんなぼくから見た『ブラックパンサー』はどんな風に映ったのか、そんなことを […]

伊藤万理華 『トイ』のにわかによる解釈

前に、元『乃木坂46』の伊藤万理華ちゃんの『はじまりか、』という動画にとても感銘を受けた!というようなことを書いたのですが、それから彼女にちょっと興味を持ったので他の動画もいくつか見てみました。 その内の一つが、この『トイ』。 伊藤万理華 『トイ』   さあこれは一体どんな音楽が流れてどんな映像が繰り広げられるんだろう、と『はじまりか、』のような動画を期待して、だいぶワクワクして見たので […]

『シェイプ・オブ・ウォーター』は誰でも観れる?(映画感想)

アカデミー賞の作品賞を含む4つの賞を取った直後に観に行くととんでもないミーハーに思われるかもしれないなーなどということをいくばくか懸念として思い描きながらも、うん、否定はせぬよ、と誰にも聞こえぬよう心の中で開き直りながら『シェイプ・オブ・ウォーター』観に行きました。 いろいろ深い話もあると思うのですが、今回はぼくの率直な感想を書こうと思います。 御緩りと。   スポンサーリンク アカデミ […]

『マーベル VS. カプコン:インフィニット』を買うか悩んでる人へ

少し、いや、結構悩んで 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』 というゲームをわりと前に買いました。     どうして悩んだのかというと、そんなに格闘ゲームは熱心にやらないからです。 やらないけれど、昔から兄の影響で『マーベル VS. カプコン』シリーズはやっていたので、馴染みが深い。 もっと言うと、その前の作品にあたる『マーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリート […]

歌が上手くなりたい人はこの4つのことをやってみよう

歌というと、生まれつき上手な人とそうでない人がいて、後天的に上手くなることはできない、と考える人は少なくないのではないでしょうか。 と言いますのも、目には見えない技術力であるし、普段からぼく達人間は声を発してお話しをしているわけですから、これ以上、発声の上達のしようがないと考えがちだと思うのです。   というか、何を隠そうぼくがずっとそんな風に感じていたのでした。 歌が上手い人は生まれつ […]

趣味を見付けたい人に、こんな趣味はいかがですか?

「趣味の見付け方」としてあれこれ書いたわけですが、その中で 「趣味となる何かを始めるのに意味なんか求めないこと」 ということを書いたと思います。   それはつまり 「とにかくなんでもやってみればいい」 ということになるのですが、その「なんでも」すら思い付かない人もいると思います。   なので、少しだけ、ぼくが自分の趣味に対してどんな風に思っているのかということを踏まえて、以下の […]

多趣味のぼくが語る、趣味を見付けられるようになる生き方

ぼくは多趣味です。 映画とゲームと音楽を特に挙げますが、別に時間が許されるのであれば絵だって描きたいし、写真だって撮りたいし、バスケもやりたいし、格闘技もやりたいし、サイクリングもしたいし、登山もしたいし、チェスもしたいし、旅もしたいし、本も読みたい。 映画だって洋画だけじゃなく邦画も観てみたいという思いはあるし、ゲームも昔のものから最新のものまで全部やりたいし、音楽もピアノとギターとベースとドラ […]

趣味として一人で楽しめる楽器について多趣味のぼくがまとめてみた

何か趣味を持ちたいなー。   そうだ、   楽器を始めよう!   という人は少なくないでしょう。   え?   あなたもなんですか?   ではそんなあなたにピアノもギターもベースもドラムもたしなむ多趣味のぼくが、独断と偏見で 「趣味として一人で楽しめる楽器」 という観点から、それぞれの楽器について解説していきたいと思います。 長丁場になる […]

見てほしいような見てほしくないような

実は今ちょっとした超大作(どっち を書いているのですが、まだちょっと掛かりそうなので、簡単に雑記でも書こうかと思います。   あ、超大作とか言うと変に期待されてしまうかもしれませんが、とてもニッチな内容なので、どうでもいい人には超どうでもいい話です。 だから、どうでもいいと思っていてください。   では雑記をば。   最近、ちょっと前に比べてずいぶん検索で訪れる方が増 […]

原作を読むべきか、映画を観るべきか。

最近、原作のある映画を観るときに、先に原作を読むべきか、それとも最初っから映画を観るべきか、ということに少しだけ悩みます。 昔は本を全然読まなかったので、原作を先に読むなんて考えたこともなかったのだけれど、最近ちょこちょこ読んでいるので、そういう選択肢が出るようになってしまったのでした。   小説には小説なりの世界観がありますでしょう。 俳優さんなんていないし、音楽なんてないし、効果音も […]

『(please) forgive』で考える自由に生きる難しさ(歌詞解釈)

『FREEDOM』の話で「自由」について少し書いたので、この流れでBUMP OF CHICKENのアルバム『RAY』に収録されている 『(please) forgive』 という曲の歌詞についてちょっと書こうかと思います。   『(please) forgive』は藤原さんの説教だと思ってた ぼくは歌詞を深く読まない、という話はどこかでしたと思いますが、なんとなーく耳に入ってくる歌詞を聞 […]

伊藤万理華『はじまりか、』を見て感じた気持ち良さ

濃いファンの方がいるであろうことに関して不用意に語るのは少し気が引けるのですが、とても感銘を受けたので思い切って何か書こうと思います。   ふとYouTubeを見ていると、急上昇にこんな動画がありました。 伊藤万理華 『はじまりか、』   ぼくにとっての音楽 ぼくはあまり音楽に偏見はなく、バンドだろうがアイドルだろうが、ゲームだろうが映画だろうが、アニメだろうがアダルトだろうが […]

アニメ『FREEDOM』を観て思う自由のバランスの難しさ

先日、『FREEDOM』というアニメを観終わりました。   恐らくぼくと同じ世代の人だったら覚えている人も多いと思うのですが、カップヌードルの宣伝・広告として企画されたプロジェクト『FREEDOM-PROJECT』の一環として放送されたアニメです。 当時カップヌードルのCMでも度々 「FREEDOM!」 ってやってたことが思い出されますでしょう、おいくつか知らないけど。   ぼ […]

BUMPの『angel fall』はマイケル・ジャクソンの曲か考えてみた(歌詞解釈)

BUMP OF CHICKENのアルバム『COSMONAUT』に 『angel fall』 という曲が入っているのはきっとご周知のことと思いますが、この曲が 「マイケル・ジャクソンのことを歌ってるんじゃないか?」 とにわかに囁かれているのはご存知でしょうか。   ぼくはあんまり歌詞をよくよく読んだりしないタイプなので全然気付かなかったのですが、そう言われて歌詞をちゃんと読んでみると、なる […]

女子高生を見て気付いた、ぼく達人間がお作法を学ぶ意味

この世界にはお作法というものがあります。 マナーと言ってもいいでしょうし、常識という言葉で表されることもあるでしょうか。   いろいろな決まりとされるものがあり、ぼく達はそれに従うように生きてるわけだけれど、その中には疑問点があったりもします。 例えば食事のマナー。   スポンサーリンク お作法はどこまで守るべきなのか お米が左で汁物が右とか、箸で人を指さないとか、箸でお皿を手 […]

眠気とのアツいバトルが繰り広げられる文

眠いながらに書きます。   こいついつも眠いな、と思われるかもしれませんが、そうですね、わりとそうですね。 というのも、眠たがり。 眠たがりなのに新聞配達をしていたこともあって、その頃なんてのは本当に酷いもんで、友達たちと遊んでいても、ぼくだけ眠ってしまうことがよくありました。 今思うとせっかく遊んでいるのに本当に申し訳なかったなーと思うわけですが、でも仕方がなかったんだ眠かったんだ。 […]

1 6 16