深夜に書く、ダークソウルにハマった話

この記事は3分で読めます

こんばんは。

何か書きたいなーと思ったので、思い付きで書こうと思います。

 

実は最近、うっかり『ダークソウル リマスタード』というゲームにハマってしまいまして、中々抜け出せずにいたのです。

ブログ書こうとか、音楽活動しようとか、いろいろ頭で考えてはいたのですが、うっかり買ってしまったゲームにまさかここまでハマるとは。

それくらい面白いゲームなのですね、ダークソウルって。

 

噂には聞いていたのです。

とにかく難しいゲームである、と。

 

ぼくはもともと無双シリーズとかも好きなのですが、無双シリーズって回を重ねるごとにどんどん敵が弱くなっているような気がしてたんですよね。

それはプレイヤーのキャラもどんどん人間離れな動きをするようになって、力を付けたという側面もあるのかもしれませんが、とにかく、戦いに刺激がなくなってきたなーと感じていたのです。

こんなのはただのお掃除ゲームではないか、と。

 

そんなようなことをある日友達に話してみたら

「だったらダークソウルがオススメである」

という話をされたのでした。

 

聞いてみると、雑魚敵が強過ぎるとか、死にゲーであるとか、戦いに駆け引きがあるとか、まさにぼくが望んでいた冒険がそこにあるようなゲームに感じられました。

であるならば、すぐにでもやってみたい。

 

とは思ったのですが、その話をされたのは、確かキングダムハーツ3もまだ発売されていない頃で、丁度過去作をせっせとプレイしているときだったのです。

だからそのときは、まあキンハー全部終わったらやってみようかなーとか漠然と思ったくらいだったのでした。

 

それがキンハーをやり終えて早数ヶ月。

ちょっとゲームから離れようと思っていたのですが、何を思ったのか、本当に思い付きで「なんかゲームがやりたい」と思ってしまったんですよね。

それで何か買おうとうっかり思っちゃって、それでダークソウルに白羽の矢が立ったのでした。

 

本当は別の友達に「一緒にやらないか」と誘われたゲームがあったのですが、それは「音楽やるから~」とお断りしてしまっていたのでした。

なのに他のゲームを買ってハマってしまうなんて、申し訳が立たない。

ごめんよ。

 

そもそも何をそんなにハマってしまったのかというと、噂どおり本当に難しいゲームだったのです。

理不尽、と言っていいんじゃないでしょうか。

本当に雑魚敵が雑魚じゃないし、ボスの強さがエグい。

難易度設定が狂ってる、と言いたくなるくらい強いやつもいる。

挑戦してはやられて、挑戦してはやられて、というのを10回20回とか繰り返しちゃう。

 

「そんなゲーム面白いのかよ」

と思うかもしれませんが、そのギリギリの戦い感がまさにぼくがゲームに望んでたものだったんですよね。

手に汗握るとはこのことであり、接戦の末勝てたときの達成感たるや、大の大人がガッツポーズしたくなるほど。

 

それほどの難しく、中々進めない場面というのも出てきたものですから、実は途中でやめようかとも思ったのです。

「ちょっとクリアするには時間が掛かりそうだ」と思って。

 

でもそんなこと言ったらじゃあいつクリアするんだ?という話にもなりますから、いいや、とりあえず1回クリアしちゃおうと思って、ここんところ空いた時間はダークソウルに割いていたのでした。

 

そんな生活を何日か繰り返して、やっと今日ラスボス(らしいやつ)にたどり着けたので、少しだけ気が逸れて今に至ります。

「いやさっさと倒せよ」

と思うでしょうが、ラスボスも例に漏れず強く、何度も挑戦しても勝てなかったので、明日また再挑戦することにしたのでした。

 

本当はね、超極めたいんですよ。

本当に難しいんだけれど、噂によると1回も死なないでクリアする人もいるらしいじゃないですか。

そんなこと本当に可能なのか?と非常に疑問に思うほどにぼくは難しく感じたのですが、だからこそ自分もちょっとやってみたいと思っちゃう。

難しいと言われるとちょっとやってみたくなっちゃう。

 

でも技量的に全然足らないから、多分序盤でうっかり死んじゃうだろうし、仮に上手く終盤まで進んでも最後の最後とかでうっかり死んだときに立ち直れなくなりそうだから、それはやらないでおくことにしました。

 

でも時間が無限にあるなら極めてみたい。

そんな風に思うゲームでした。

 

というわけで、興味があればぜひやってみてほしいという話と、明日クリアできたらまたブログ書くようになる(と思う)という話と、音楽関係も何かしらアクションを起こすと思うという話でした(思い付きだったけど)。

 

推敲しないので誤字脱字あったらすみません。

おやすみなさい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。