プロフィール

ぼくの母が子供を産むにあたって苦しんでいたとき

(こんな辛い思いはもう二度としたくない!)

と心底思ったそうです。

 

「おぎゃーおぎゃー!」

 

そうして無事に子供が生まれたとき

(2人目はいつにしよう)

と不思議と思ったそうです。

 

そんな母が2人目の子供を産むにあたって苦しんでいたとき

(こんな辛い思いはもう二度としたくない!)

と心底思ったそうです。

 

「おぎゃーおぎゃー!」

 

そうして無事に2人目の子供が生まれたとき

(3人目はいつにしよう)

と不思議と思ったそうです。

 

そうして生まれた3人目がぼく。

母の「もう辛い思いをしたくない」という思いが根強かったら、危うくぼくは誕生しないところでした。

 

ハローワールド。

 

というわけで、ぼくは三人兄弟の末っ子。

君は何っ子だい?

 

生まれは宮城県仙台市。

 

知っている人も多いと思いますが、宮城県はこの辺です。

千葉から上がっていって、ネズミ返しの如くクイッ!てなってる辺りが宮城県です。

 

仙台は通称「杜(もり)の都」なんて言われていて、都市のわりには自然豊かな場所かと思います。

 

仙台といえば七夕。

広く七夕といえば7月7日だと思いますが、宮城県民はみんな8月7日を思い出します。

なぜかというと、お祭りの「仙台七夕まつり」は8月7日を基点として行われるからです。

基点というのはどういうことかというと、前後1日ずつ、つまり6日7日8日という3日間で行われるお祭りなのです。

 

ちなみに言うと6日の前日に当たる5日には前夜祭がもよおされ、花火が打ち上げられます。

みんなデートで行くと思うんですが、ぼくは男の子と一緒に行った思い出があります。

 

その男の子は中学のときの同級生だったのですが、今は仕事の都合で石川県にいるそうです。

全く行ったことのない土地なのでいつか行ってみたいと思います。

 

石川といえば石川くんという同級生もいましたが、彼とは一緒によく闘いごっこをしました。

パンチしたり、キックしたりします。

 

闘いごっこといえば、一番上のお兄ちゃんともよくしていたのですが、一回勢い余って、ぼくの左手の指の骨が折れたことがありました。

お互い初めての経験だったので、もうびっくりしちゃって、ぼくも半べそかいちゃって、でも泣かなかったぼくは偉いと思います。

 

それでギプスをすることになったのですが、指の骨とはいえ、どうもまっすぐに衝撃が加わったらしく、折れた部分はこの辺だったのです。

だからギプスで固定するにも、部分的にすることができないものですから、手全体を覆うようにギプスが施されました。

 

当時ぼくはエレクトーンを弾いていました。

これはいろいろなところで書いているのですが、そう、独学でエレクトーンを弾いていたのです。

もちろん好き好んで弾いていたわけですが、ぼくは指の骨が折れていても弾くことをやめませんでした。

それは「弾かねば」という使命感があったからというわけではもちろんなく、単純に弾きたかったからなのです。

本当に弾くのが楽しくて仕方がなかったのでした。

 

それはゲーム音楽、詳しく言うと『FINAL FANTASY V』の曲だったのですが、ぼくはゲームが大好きだったのです。

幼稚園児のころから、兄が買ってもらったスーパーファミコンをやっていて、スーパーファミコンは特に思い入れの強いハードになります。

 

それからゲームはずっと好きで、リズムゲームなんかもやるようになるのですが、そこで出会ったのはドラムのシミュレーションゲーム、ご存知『ドラムマニア』でした。

このゲームにはまってしまって、実は今もやっているのですが、このゲームをきっかけにバンドを始めることにもなりました。

 

バンドという経験をして、ギターも弾いたり、歌も歌ったりするようにもなりました。

だから、楽器は大体なんでもできます。

 

ここで写真でぼくを見てみましょう。

これは次男坊の七五三といったところでしょうか。

一番左がぼく。

東照宮にて。

 

この写真はマイケル・ジャクソンのビデオを観るの図です。

となりのとなりのトトロは父がそっと置いたもの。

「後姿があまりにも似ていたから」

と彼は後に語ってくれました。

 

この写真は学年が変わったときか、あるいは季節の変わり目か。

それぞれプロフィール的なものを書かされて、恥ずかしい写真が添え付けられながら、教室に貼られていたもの(だったと記憶している)です(しているです!)。

 

この写真は昔仙台駅にあった伊達政宗像とのツーショット。

一丁前にピースなんかしています。

 

この写真はライブ中ですね。

高校生・専門学校とやりました。

 

この写真は寝ているところですね。

友人のマライア(男)の家ではしゃぎ終わったところを、友人のらりっとる君に盗撮されたものです。

ダサいパンツが見えています(失礼)。

 

この写真は東京ディズニーランドの『カリブの海賊』の順番待ちをしているときですね。

とってもはしゃいでいることがこの写真だけでわかると思いますが、そう、こう見えてぼくは東京ディズニーランドがとっても好きなのです。

特に『スプラッシュマウンテン』なんかが好きです。

君は何マウンテンが好き?

 

この写真は4年前のぼくですね。

ムチムチしてます。

 

この写真はおおむね現在のぼくですね。

スカスカしました。

 

この写真はよくプロフィール画像に使ってる写真ですね。

どんな人かなんとなくわかりつつ、でもある程度顔が隠れていてくれて、使い勝手が良いのです。

背景は実はお空、晴天。

狙って撮ったものではなく、友人にカメラを渡したときに撮られたもの。

 

あ、どうでもよかったですね。

 

そんな少し恥ずかしがり屋で、でも少し目立ちたがり屋なぼく「ゆきち」が書いているブログになります。

もちろんゆきちはハンドルネーム。

本名はジョニー・デップです(嘘)。

 

ぼくについて細かいことを書いていってもいいのですが、書くことがいっぱいあるので、およそ一つの記事なんかにはまとめられないことから、ぼくについて興味津々という特異な人は「ぼくのこと」というカテゴリーを覘いてみるといいと思うよ!(上から目線

あんまり用意されていないけれど、少しずつぼくのことを開示していく予定(多分)。

 

よく真面目に思われるぼくですが、意外とテキトーです。

それでもいいんだよという人はどうぞいろいろ読んでいってくださいませ。

 

以上、レオナルド・ディカプリオでした(大嘘)。

 

RETURN TOP