USBハブ『BSH4U25BK』を買ってみた(レビュー)

この記事は2分で読めます

深刻なUSBポート不足

例えば、デジカメの写真をパソコンに取り込むのに、いつもUSBで繋いで読み込んだり、普段は使わないけど一応保存しておきたいというような微妙な立ち位置のデータなどを保存しておいたりする為の外付けハードディスクを、USBに抜き差ししておりました。

ぼくが使っているノートパソコンはUSBポートが3つしかなく、1つはマウス、そしてもう1つはキーボードで常時使われています。

 

ということは、開いた口が1つしかないことになる。

 

まあ1つでもあればいいじゃないか、とも思うのですが、デジカメで撮った写真は全て外付けハードディスクに保存しているので、そういう場合はどうしても2つ口がほしい。

そういう時はいつもキーボードを抜いて、ノートパソコン本体のキーボードを使って、少しのわずらわしさを感じながらデータの保存をしていたのですが、いい加減それも面倒臭いなーと。

 

そんなことを思いながら、かれこれ5年くらい経ったような気がします(爆)。

買おう買おうとは思っていたけど、急ぎじゃないから今じゃなくていいや、と散々先延ばしにしていたのです。

 

スポンサーリンク

USBハブ『BSH4U25BK』を買ってみた

そんなぼくでしたが、このたびamazonで何かしらを注文する機会があったので、ついに思い立って人生で初めてUSBハブと呼ばれるものを買ってみました。

ちょっと種類がたくさんあり過ぎて困りものでしたが、デザイン、価格、メーカーなどを考慮して、今回はiBUFFALOさんの『BSH4U25BK』をチョイス。

 

『BSH4U25BK』の仕様

パソコン周辺機器に関しては全然詳しくないのでぼくは読んでもわからないのですが、一応わかる人のために、仕様はこんな感じです。

 

ふんふん

 

なるほど

 

わからん。

 

あ、PS4にも使えるんですね(用途がわからないけど)。

 

スポンサーリンク

デザイン・大きさ

デザイン・大きさはこんな感じ。

シンプルでいいですね。

形状としては、板ガムを少し長くしたような感じです。

 

通電確認するためのランプも眩しすぎず、程よく青く光っております。

 

接続内容

次に、外付けハードディスクを読み込んでくれるか、実際に繋いでみました。

バージョンとか型に関しては忘れてしまいましたが、こちらもバッファローで、容量は2TBのものになります。

 

プラス、無駄にUSBメモリも接続し、よりプレッシャーを掛けてみる。

 

ちゃんと使えたか

うん

 

全然問題ないですね。

 

当たり前かもしれませんが、ちゃんとどっちのデータも読み込んでくれました。

いやーもしかしたら外付けハードディスクなんかは容量?とか、電力?とかの問題で使えないパターンもあるのかなーという懸念を少しだけ抱いていたんですが、この2つを挿しても動作に問題がないのであれば、少なくともぼくレベルの人には十分過ぎるスペックです。

なんて言うとなんだか素人感丸出しなんですが、実際素人なんだから仕方がない。

とっても満足しています。

 

かなりリーズナブルなお値段ですので、同じような悩みをお持ちの方はぜひお試しあれ!

 

USBハブを買ったもう1つの理由

ところで、USBハブを買った理由がもう1つあります。

これは前の職場の先輩に聞いたのですが、USBポートは抜き差しを繰り返すと口がダメになってしまう危険性もある、と。

だから、USBハブを繋いで、そのハブで抜き差しをすれば、仮にハブの口がダメになったとしてもまた新しくハブを買えばいいんだ、と。

これがもしパソコン本体の口だったら相当面倒臭い話ですからね。

 

なるほどなーと。

そんな話も相まって、USBハブを買おうと思っていたのでした。

 

あれから数年、やっと買いましたよ先輩。

 

めでたしめでたし。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ここはゆきちのブログです。

ぼくのことが気になる人はこちらから

ゆきちのこと

 

趣味で音楽もやっています。

YouTubeチャンネルはこちらから。

YouTubeチャンネル

 

つぶやいてもいます。

こちらから。

Twitter

2002年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031