ぼくがブログを書かない理由と書く理由

この記事は2分で読めます

ところで、どうしてそんなにいろいろやりたい中でこんなにブログを書いているのか、ブログを長々と書いてる暇があったらあんたの好きなやりたいことの一つでもなんでもやればいいじゃないか、と思うイジワルな人もいるかもしれません。

その疑問にわざわざ答えてあげるぼくはなんて心優しいんだろう!とは微塵も思っていなく、自分の行いに言い訳をするつもりでまたブログを書きます、こんにちは。

 

まず一つに、ぼくはただ文章を書くのも好きなんだ、ということ。

そのわりには頻度少なくない?とも思うかもしれませんが、それは単純に時間がなかったりするから。

 

あるいは、書きたいことが思いつかなかったりもします。

基本的に一生文章書こうと思えば書けるんだけど、その中には当然書きたくないもの、書くのが面倒臭いと思う話題も数多くあります。

あと気分的にもそういうときがあったりもする。

そういうときは、書きたいことがないということで無理に書こうと思わないのです。

 

スポンサーリンク

 

あともう一つ、大事なことがあります。

「スゴイ人になる」という発想にあたって「それでブログもスゴイことになっちゃったらいいなー」というよこしまな思いが沸々と沸き上がってしまったものだから、いつも以上に「文章を形式めいたものにするべきだろう」と考えてしまったのです。

つまり、ちゃんとコンテンツ的にしないとだめだよね、と。

 

でもコンテンツ的な文章をぼくはとっても好まない。

書いていてとってもつまらないので、そういう文章をいざ書こうと思っても、モチベーションが全くわかないのです。

そのわかないモチベーションを無理矢理焚き付けてなんとか書いたとしても、それは顔から火が出るほど恥ずかしい文章になってしまいかねません(事実何個かある)。

 

だから、こんな感じでテキトーに書き始めて、偶発的に奇跡的な文章を書けたらなーという半ば願掛けに近い状態で書き始めるのがぼくは好きで、それは誰かの会話とかとも一緒で、会話はどの方向に向かうかわからないから楽しいじゃないですか。

物語も知らない物語だから楽しいよね。

 

何かの知識を語るにしても、考えを語るにしても、わざわざ形式立てて誰かとお話する人はそう多くはないでしょう。

そんなのはプレゼンみたいじゃないか。

 

そう、つまりプレゼンみたいな文章を書きたくないのです。

 

なんだか前にも同じようなことを書いた気もするのですが、先にも書いたとおり、ちょっとよこしまな思いが芽生えてしまったばかりに、また自分のスタイルを忘れるところでした。

ぼくはこういう感じで書くべきだった(再認識)。

 

スポンサーリンク

 

しかしながら、結果、なんににもならない可能性もあります。

だって、ただやりたいことをやっているだけですからね。

 

でも前の記事でも書いたとおり、先を見て、意味があるかどうかなんて考えても仕方がないし、そこに興味を持たないことにしたのです。

つまんないし。

 

楽しいと思えること、やりたいと思ってることをできるだけ精一杯やりたい。

その先でどうにかこうにかなっちゃったら、あるいはどうにもこうにもならなかったとしても、それはそのときです。

そのときまた考えます。

 

今の段階で考えた結果、やりたいことをやってるだけである程度スゴイ人になれるという確信があるので、その先でまた考えたらまた何かあるのだろうという確信もまたあるのです(またまたうるさいな)。

 

だから、今はただやりたいことをやる。

ただ、それが自己完結してしまっていたらそれはただの自慰行為でしかないので、そうならないためにも、もう少し高い頻度でいろいろ発信していきたいとは考えています。

 

それはブログを書くことだったり、YouTubeで何かしら投稿したり。

 

ぼくは基本恥ずかしがり屋だけれど、寂しがり屋でもあるんだ(知らん

そういった意味でも、何か発信していたいな。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。