説明が下手なぼくの文章

この記事は3分で読めます

ぼくは説明が下手である。

それはずっと昔から、それこそ物心付いたときからと言っても過言ではないくらいに昔から、説明が下手だなーということを感じながら今日まで生きてきていて、その自覚は「説明上手になるには」みたいなノウハウ本もぶっちゃけ読んだことがあるくらいです。

 

ここ最近で考えてみても、後輩に仕事を教える際、非常に説明に悩みます。

ポジティブに考えれば、『デイ・アフター・トゥモロー』という映画の主人公のように

「頭で計算できるから説明しなかったんだ」

的に、理論的にそれを理解しているのではなく、自分は感覚的に、体感的に覚えているだけなのですから、それを言葉で説明するのは難しいんだ、みたいな、そんな天才肌キャラを演じてみたいものですが、実際は悲しいかな、単純に説明が下手なだけだと思う。

そして『デイ・アフター~』の主人公はテストで途中計算を書かずに問題を解いたというだけなので、本質的にはぼくの言ってることとは全く違う話だとも思う。

でもイメージとしては、そんな天才キャラであってみたかった、という願望。

的外れな例えに出してごめんよ、ジェイク・ギレンホール君。

 

ぼくの説明の下手さの原因の一つに、順序立てが下手、という点が挙げられるでしょう。

例えば1234という順序で話せば伝わりやすいのに、先に3を思い付いて話し始めて、でも途中で2の説明が必要なことに気付いて、2の説明をしていたら1のことも思い出して、結果的に321234みたいな、あっちいったりこっちいったりしている説明になっていたりするわけです。

しかも結果的には1234という順序が出来上がっているので、それはまだましな方。

実際には3124とか、順序があちこちになっていることもあります。

 

だから、誰かに何かを説明するときは、わりと入念に頭の中でビルディングしなくてはならないものですから、説明の予習がぼくには必要です。

「今度これを教えるときの為に今から準備しておこう」

そんな心持ち。

 

その点、文章というのは気が楽なものです。

あっちこっちいったって、あっちこっちカーソルを合わせればあっちこっちに書き足せるし、消せますから、いくらでも伝わりやすいように修整することができるというものです。

 

「そのわりには説明下手だよねwww」

と言われるとぐうの音も出ない。

まあこのブログではさ、上手く説明しようなんて微塵も思ってないんだけどさ(鼻ほじほじ)。

 

スポンサーリンク

なんて、冗談っぽく言ってみたけれど、実際のところは半分冗談で半分本気。

半分は本気で、本気で説明しようだなんて思っていないのです。

 

どうしてかというと、上手く伝えようと思えば思うほど、それは情報としての文章になってしまう気がするからです。

もちろん本当に文章(説明)が上手な人は、自分なりの表現を用いて、自分らしさを出しながらも上手く伝わる説明ができるのだと思いますが、ぼくにはそれが難しい。

正しい情報を正しく伝えようと思えば思うほどに、ぼくの文章は教科書的になってしまうのです。

それはぼく自身、書いていてつまらないなーと思うし、無機質になりがちで、読み返してもつまらないし、何よりそれだったらもう他のサイトに書いてあるからぼくが書く必要はないじゃないか、なんて思うのです。

 

だから、ぼくとしてはぼくとしての文章を書きたいものですから、何かの説明をするのであったとしても、自分らしさをちゃんと出せるように、ある程度は意識的に不真面目に書いている面があるのです。

ぼくがぼくである為に、意識的に不真面目をやってるの。

 

でも実際それは難しいことですから、そのバランス感覚を自発させるには、ある種ゾーン的なものに入らないと出なかったりもします。

今はかなり意識レベルを高めて不真面目に書いている自覚があって、正直面白おかしく文章を書けている自信は全くない。

でもゾーン的な境地に至ると、意識せずとも不真面目になれて、面白くて、おかしくて、自分で読み返しても読み応えがあるなーなどと思える文章を書けるのです。

それがぼくが楽しく書けた文章の証。

読み返して、自分で面白いと思える文章。

 

多分、今回の文章は読み返してもあんまり手応え感じないタイプの文章だと思う。

長年の勘がそう言ってる。

 

スポンサーリンク

かなり眠気を感じながら書いている、というのもあるにはあると思うのですが、眠くても面白く書けるときもあるので、んーなんとも言えないですね。

『黒子のバスケ』ではみんなどんな風になるとゾーンに入れるんだったかな。

ぼくの場合もどんな風になるとゾーンに入れるのかな。

 

今日のところはこんな感じ。

もう限界。

 

冷たい牛乳で溶かしたプロテインをがぶ飲みしてしまって、お腹が最高に冷たくて気持ちが悪くなってきた気もして、よろしくないです。

今日はもう寝よう。

トイレにも行かないと。

 

ではでぇあ

 

ではでぇあ

 

あれ

 

ではでは

 

ノシ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ここはゆきちのブログです。

映画の感想を主に書いています。

ぼくのことが気になる人はこちらから

ゆきちのこと

映画ブログのことが気になる人はこちらから

ブログについて

なおブログメニューはページ上にありますのでご活用くださいませ。

 

趣味で音楽もやっています。

YouTubeチャンネルはこちらから。

YouTubeチャンネル

 

つぶやいてもいます。

こちらから。

Twitter

2003年1月
    1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031