英語を話したいから発音から勉強することにした結果

英語を話したいから発音から勉強することにした結果

ぼくは英語にとっても興味があります。

それは映画が好きだから、というものが先にあり、洋画を字幕無しで観たい、という強い思いから来たものです。

そしてその思いはいつしか「洋楽を綺麗な発音で歌いたい」「外国人が話していることを理解したい」「なんなら英語で話してみたい」という願望にまで発展しました。

 

しかしながらご存知のとおり、日本人はとっても英語が苦手です。

ほとんどの人は中学・高校の6年間は英語を勉強し、大学に行っても勉強するという人は計10年くらいは勉強することになります。

けれども、その大部分の人が外国人と英語で話すことができません。

理論的に、科学的に、学術的に英語を理解できたとしても、日常会話ができない。

 

それはひとえに勉学として英語を捉えており、実践・実技として、つまりコミュニケーションツールとしての勉強をしてこないからと言えると思います。

よく言われることかと思いますが、論文みたいな難しい文章を読めたとしても、他愛のない日常会話ができない、という例も珍しくないわけです。

 

さて、幸か不幸か、ぼくはもともと英語がとっても苦手でした。

嫌いだったかどうかと言われるとちょっと覚えていないんですが、とにかく苦手でした。

試験は毎回赤点を覚悟するほどに苦手でした。

 

だって日本人ですし。

というのが当時のぼくの主張。

 

つまり、難しい文章を読めない、どころか、簡単な文章すら理解することができなかったのです。

いや、できないのです。

願望とは裏腹に実力が全く伴っていない。

 

そこでぼくは考えました。

「せっかく英語に対する先入観や余計な知識がないのだから、外国の子供が大人の会話を聞いて英語を覚えるように、ぼくも日常会話とやらで英語を覚えればいいじゃないか」

と。

 

でも実際はそれも難しい。

なぜなら英語と日本語では扱う周波数が全く違うからです。

英語の周波数は高く、日本語は低いと言われています。

日本人のぼく等は周波数の低い日本語を聞き取るように脳が出来上がってしまっていますので、これを大人になってから高い周波数も聞き分けられるようになることはできないそうです。

これは科学的にも証明されていて、大人になってから絶対音感を身に付けられないと言われていることと一緒になります。

 

となると、ただ日常会話を聞いていただけでは英語を理解することはできない、と言っても過言ではないでしょう。

なんとなくの音の真似はできたとしても、正確に、例えば「s」と「th」の違いなどを再現することは、よほどもともと耳がいい人でない限りかなり難しいと思うのです。

 

でも話したい。

英語の歌を綺麗に歌ってみたい。

 

だからぼくは、まず発音を勉強することにしました。

発音を勉強というと、これまた学術的な話になるような気がしますが、そうではなく、とっても実践的です。

と言いますのも、こういう単語、もとい発音記号は、口をこんな風に使ってこんな音を出す、というようなことをまず頭で理解して、あとはそれを繰り返すのです。

 

これはスポーツと同じだと思います。

コーチ・監督の言うことをまずは理解して、早速自分でやってみる。

初めは上手くできなくとも、何度も何度も繰り返すことによって、その動きができるようになってくる。

そんな経験、誰でもあるのではないでしょうか。

英語の発音も同じようなものだと思って、口の動きをまずはよく理解して、よく練習することにしたのです。

 

スポンサーリンク

 

結果としては、これだけで英語のリスニング力が上がったように感じました。

音楽の世界でも言われていることだと思いますが、人間誰しも自分の知らない音を理解することはできません。

 

例えば「カクテルパーティ効果」というものをご存知でしょうか?

これはガヤガヤとうるさいパーティ会場であったとしても、遠くで自分の名前が呼ばれたときに、ハッとその言葉だけ聞き取る人間の特性のことを言います。

つまり、知らない・どうでもいい音は拾わないようにして、自分に関係のある重要であろう音は拾うように脳(耳)はできているのです。

どうでもいい音までむやみやたらと拾っていたら、脳が疲弊してしまいますからね。

 

だから、英語の発音を理解するということは、相手の出している発音も理解することに繋がるのだと思います。

少なくともぼくはそう感じました。

 

さて、というところまで来ました。

 

しかしながら、発音をいくら練習したところで、今度は英語の仕組みを理解しないことには、会話どころか言っていることを理解することができません。

音を拾えたとしても、その言葉の意味がわからないことにはどうしようもありません。

 

なので、いよいよ単語や文法に手を出すときが来たのかな、という感じです。

学校の授業では全く理解できなかったわけですが、はてさてどうなることやらという感じではありますが、実は次のことにも考えがあります。

 

でも今回は長くなってしまったのでこの辺で。

 

ではでは。