英語の勉強の順番の考え方(ぼくの勉強現状報告)

英語の勉強の順番の考え方(ぼくの勉強現状報告)

映画が好きということと、英語の歌をペラペラ歌ってみたいということで、英語の勉強をしていることは知っていますか?(誰が?

 

ぼくが(知らん

 

まあ勉強しているといってもそんなガリガリベンベンしてるわけではないんですけれども、いつでも頭の片隅で思っていて、本屋さんに行ってはどんな本があるかやーと見てみたりしているところでした。

でも少し独学でかじったことがある人なんかはわかると思うのですが、本の数が多過ぎてなにがなにやらわからない!というのが正直なところ。

 

宝の地図が多過ぎるよ。

 

「それはお前、目的がはっきりしてないからそうなるんだよ」

と言われそうですが、じゃあ目的別に考えてみても、例えば文法を勉強したいとか、リスニング力を高めたいとか、単語を覚えたいとか、そうやって考えてみたとしても、その一つ一つの中でもまた種類が多過ぎる。

だから独学者は、本を選ぶ段階で折れる人も少なくないんじゃないかな。

 

で、どうしてこんな話をし始めたのかというと、ぼく自身本当もうどうしたものかと悩んでいたところだったので、書きながらまとめようかと思ったのです。

よろしくお願いします。

 

まず、どこから手をつけるかという話でしょうか。

 

ぼくが最初に手を付けたのは「発音」でした。

英語の歌をペラペラ歌ってみたい!ということでしたので、英語の発音をしっかり把握してペラペラ歌ってやるぜ!と息巻いていたのです。

 

それで実際に勉強してみた感想としては、うん、やっぱり全然違うよね。

「知ってるよ!」

って話でしょうが、でも多分、あんまり発音について考えたことない人なんかは、ちょっと勉強するだけで

「え!?日本語とこんなに違うの!?」

って驚くと思うんです(ぼくみたいに)。

 

例えばいろいろな本で書かれているもので、「hat」と「hut」と「hot」という例があります。

日本のカタカナ英語的には、前2つが「ハット」で、3つ目が「ホット」というのは言うまでもないでしょう。

 

しかし、英語で言えば全部が「ア」に近い発音であり、それでいて3つとも異なる「ア」になります。

 

あれ?なんで発音の解説してるんだ?

まあいいか。

 

「え?ホットもアなの?」

と驚きを隠せない人もいるでしょう、そうなのです。

「out」を「アウト」と言いますが、このアと同じ発音になります。

 

だからもし「hot」が「ホット」なら、「out」は「オウト」じゃないとおかしい。

でもそうはならなくて、同じ発音で異なるカタカナ表記がされるから、カタカナ英語はややこしい。

 

ちなみに歩く「walk」は、英語ではどちらかというと「ワーク」。

仕事の「work」は「ウォーク」になります。

つまりカタカナ英語と実際の英語の発音は全く逆なんです。

 

まったく、誰が最初に言い始めたんでしょうね。

 

という感じで、その他もろもろ、大方の発音は勉強しました。

なので、発音はクリアということで、じゃあ次は文法かな?単語かな?とか考えてたんですが、この発音の知識を持ってして練習してみても、どうもネイティブっぽくならない。

歌ってみても、いわゆる日本人英語になってしまう。

そんな風に、次のステップに移るつもりがやっぱり発音が気になっちゃって、どうしたものか、と悩んでたのが今現在のことなのです。

 

「いや大人になってから日本人にネイティブの英語は無理でしょ」

というのもわかるのですが、でも『the HIATUS』の細美さんとか上手じゃん?

まあ細美さんは海外で仕事してたこともあるわけですが。

 

あと留学経験のないYouTuberの方がペラペラ流暢に喋ってるのも何人か見かけちゃって

「え?今からでもこのレベルになれるの?」

と淡い期待を抱いてしまったのでした。

 

しかしながら、発音についてはまあまあ勉強したし、あとは何をどうすればそんなにネイティブっぽくなれるんだ?と。

それでいろいろ本を探してみてるところだったのですが、どうやら今度は「発音」ではなく「発声」について深く追求しなければならないようです。

 

つまり、もっともっと根本的な声、息の出し方ということになるでしょうか。

今はそれに適した本を吟味しているところ。

 

もしそこに満足がいくようでしたら、今度は文法かなーと考えています。

 

恐らくほとんどの人が中学・高校と計6年間英語を勉強したと思うのですが、やっぱり文法って覚えているものですか?

ぼく英語が大の苦手だったので、全く文法覚えてないんですよ(笑)。

だから文法に関してはもう中学レベル、というか一からやり直しレベルです。

 

先は長いですねー(遠い目)。

 

というわけで、悩みが少しすっきりしました。

ご静聴ありがとうございました。

 

英語詳しかったら何か教えてね。