眠い

眠気とのアツいバトルが繰り広げられる文

眠いながらに書きます。   こいついつも眠いな、と思われるかもしれませんが、そうですね、わりとそうですね。 というのも、眠たがり。 眠たがりなのに新聞配達をしていたこともあって、その頃なんてのは本当に酷いもんで、友達たちと遊んでいても、ぼくだけ眠ってしまうことがよくありました。 今思うとせっかく遊んでいるのに本当に申し訳なかったなーと思うわけですが、でも仕方がなかったんだ眠かったんだ。 […]