考え

1/2ページ

タイムトラベルに感じる3つの大きな矛盾

『タイムマシン』という爆笑SFコメディ(嘘)を観る前からよく考えていたことなんですが、タイムトラベルには大きな矛盾があると思うんです。 正確には「過去」に行くこと。   問1 タイムパラドックス 「未来」に行くことはできると思うんです。 正確には、未来に「行く」というよりかは、自分の時間の進みを遅くすることによって、周りとの時間にズレを生じさせ、あたかも「未来に来た」という錯覚に陥ること […]

学校の勉強に意味はないのか?

前回の文章を自分で読み返して思ったのですが、あの文章だと 「学校で勉強することなんかに意味はない」 と言い切っている感じになっているような気がしたので、少しだけ補足を書きたいと思います。   ぼくが言いたかったのは、 「興味のないことを無理矢理詰め込めても意味がないよ」 ということなのです。 だから、学校の勉強の内容が好きであるならば、それにはちゃんと意味があります。 誰かにとっては円の […]

「どうして勉強しないといけないの?」という疑問に対する答えの考え

さっき銀行に公共料金を支払いに行ったら、テレビがついていたので見てたのですが、こんな特集がされていました。 「子供にどうして勉強しなくちゃいけないの?と聞かれても答えられない」   こういうような話題を最近よく見かけるような気がします。 どうして最近になってよくみかけるようになったのか、もしかしたらぼくが大人になったっていうだけで、子供の頃からよく議論されていた話題だったけどそのときは見 […]

後悔することの無意味さと人生を楽しむ「これでいいのだ」という感覚

前回、期せずして「人生の選択」的な話をしてしまったので、せっかくだからこれについて何か書きたいと思います。 と言いますのも、もう結構前からそんなようなことを思っておりまして、でもその思いが上手く人に伝えられることができなくて、否定されたりもして、でも違うんだよな、なんて思ったりもして、ここでその鬱憤を晴らしたいような、そんなような思いで書くものであります。   「後悔」 という言葉がござ […]

もしも三日坊主になってしまったら?

三日坊主のための第7のポイント 「三日坊主にならないために押さえておきたい6つのポイント」 という記事を書きましたが、もう1つ大事なことがありました。   それは、 「自分を過大評価しないこと」 です。   そしてこれは、 「三日坊主にならないため」 ではなく 「三日坊主になったとき」 に大事な考え方になります。   「自分ならできる!」 と信じることはもちろん大事で […]

三日坊主にならないために押さえておきたい6つのポイント

え?三日坊主になりがちだって? じゃあぼくが「極力三日坊主にならない方法」をご紹介しましょう。   でもね、三日坊主なんてなったらいいんですよ。 三日坊主になるってことはあんまりやりたくないってことですから、やりたくないならやらなくてもいいんだよ。   でもね、それでもやってみたいと思ってるから困ってるんじゃないかって話ですよね、どうもすみません。 例えば「痩せたい!」って強く […]

「やりたいこと」と「やってみたいこと」の違い

「やりたいこと」と「やってみたいこと」 前回 「やりたいことは勝手にやるものだし、勝手に上達する」 という当たり前のことを書きました。 しかし、誰もがそういう「勝手に上達してしまうほどのやりたいこと」があるわけでもない、というのが実際のところでしょう。 それほどのやりたいことというのは、考えずとも体が自然とそれを欲する本能レベルのことです。   けれども、「そこまでは行かないけれどまあま […]

努力しないで上達する事例

これまで「努力」「練習」「頑張る」というような言葉を何度も使ってきました。 しかしながら、これらの言葉が当てはまらないままやれてしまって、勝手にレベルアップするパターンもあります。   それは 「楽しいからやっている」 という状態です。   例えば、多くの男の子、いや女の子も、何かの技術を伸ばすためにゲームをやってきたわけではないでしょう。 楽しいからやっていたんだと思います。 […]

「夢は信じれば叶うもの」は綺麗事だなと思う事例

努力の話を少し深堀したいと思います。 「努力(練習)すればなんでも上手くなれる」 というような話をしましたが、これは 「努力すれば誰でも一流になれる」 というところまでは残念ながら含みません。   例えば 「1万時間やれば一流になれる」 というような通説もありますが、これが必ずしもそうなるわけではないということです。   スポンサーリンク   友達には悪いのですが、高 […]

努力することが恥ずかしいと思ってる人に

昔、確かブロガーだったと思うのですが、どこかの誰かが 「文章力は向上しない」 ということを言っているのを聞いたことがある、いや、目にしたことがありました。   ぼくはこの意見に対してとても懐疑的、というと少し弱いかな、とても否定的です。 というのも、文章力って向上するよ!と。   よく 「文章書くの苦手なんだよね」 「何書いていいかわかんない」 というような話を聞くことがありま […]

やりたいことって役に立たないといけないの?

本当言うと、ゲームはただやりたいだけだったりします。 やっている・やりたいことリストの中で 「技量(頭脳)で左右されるゲームだけをやりたい」 みたいなことも書きましたが、正直に言いましょう、あれはただ格好付けただけです(爆)。   ゲームは、ただぼくがやりたいだけ。 けれども、意味を持たせたい。 そう考えたときに、どこかに意味を持たせて、自分のやりたいことに正当性を持たせたかっただけなの […]

健康になれば人生の充実さは間違いなく変わる!

どうしてぼくは健康になりたいのか ところで、健康になりたいだなんて言いますと、 「なんだ、長生きでもしたいのか?」 と思われるかもしれません。 確かにぼくは小学生のときに、冬でも半袖短パンで過ごしていたこともあり、小学・中学と、クラスの『長生きしそうな人』という謎のランキングで何度も1位に輝いた実績を誇りますが、しかしいざ自分から長生きしてやろうかと考えているかというと、別段そういうわけでもないの […]

ぼくが映画館でポップコーンを食べ続ける理由

映画好きを公言すると、たまに「映画館ではポップコーンを食べるか」みたいな話しをされることがあります。 結論から言うとぼくは断然食べる派。   しかしながら、ポップコーン否定派も少なくないようではありませんか。 「うるせー」 「くせー」 「動きが目障り」 などなど、ポップコーン信者としては耳が痛いお言葉が並びます。   でもそれでもぼくはポップコーンを食べ続けるでしょう。 &nb […]

英語の勉強の順番の考え方(ぼくの勉強現状報告)

映画が好きということと、英語の歌をペラペラ歌ってみたいということで、英語の勉強をしていることは知っていますか?(誰が?   ぼくが(知らん   まあ勉強しているといってもそんなガリガリベンベンしてるわけではないんですけれども、いつでも頭の片隅で思っていて、本屋さんに行ってはどんな本があるかやーと見てみたりしているところでした。 でも少し独学でかじったことがある人なんかはわかると […]

映画好きのぼくが考えた「ロボットの反乱は本当に起こるのか?」

無知ゆえの暴論 まずはじめに、ぼくはロボット工学?っていうのかな?そういうものに詳しいわけでもなく、映画好きということを抜きにしていえば、ただの一般人、素人です。 そんなぼくが、 「もしロボットが自我に目覚めたらどうなるのだろうか?」 ということを考えたいと思います。 つまり「知識ガバガバだけど許してね☆(ウフ)」ということですね。   過去にも何度か考えたことがあったのですが、せっかく […]

ぼくが映画を途中で切ることはない(自分で感じるということ)

勝負は最後までわからない サンクコストのたとえで、「映画がもしもつまらなかったとき」というような話をしました。 昨日の記事でも書きましたが、基本的にぼくは映画を途中で切ることはありません。 どんなにつまらなかったとしても、ちゃんと最後まで観ます。   それは昨日書いたように 「つまらない映画を観たという事実も嫌いじゃない(むしろちょっとオイシイと思ってる)」 というのもありますが、何より […]

君はこのサンクコストに耐えられるか!?(埋没費用という考え方)

「サンクコスト」という考え方があります。 日本語で言うと「埋没費用」。 つまり、もう戻ってこない費用のことです。   事例1 映画鑑賞 例えば映画を観たとき。 映画は基本料金1,800円ですが、もし仮にその映画が、最初の10分はつまらなかったとしましょう。 そのときあなたはどうしますか?という話。   もしそこで「きっと最後までつまらないだろう」と見切れば、かかった費用は1,8 […]

子供の才能の伸ばし方

子供の才能を伸ばすには 誰でも自分に子供が生まれたらば、少しでもその子の才能を伸ばしてやりたいと思うことと思います。 ぼくも、兄とか友達とか従兄弟とかに子供が生まれたりして、そういうような思いをいくばくか聞いたりしたことがあります。   さて、子供の才能を伸ばしたいとき、どうしたらいいのだろうか。 というと、実はその答えはあまり難しくなく、その子がやりたいということを自由に、そして限りな […]

学校の勉強は役に立たないけど勉強自体は変わらず必要

学校の勉強は役に立たない インターネットが発達し、便利になり過ぎた昨今、もう学校に行く意味なんかないんじゃないか?などとささやかれているような気がして、本当に意味がないのか考えてみました。   結論から言うと、確かにもう学校の勉強にはほとんど意味なんてないとぼくも思います。 いや、もしかしたらもうずっと前から意味なんかなかったのかもしれません。   勉強したことの大半は社会に出 […]

映画は字幕と吹き替えのどちらがいいのか

字幕派?吹き替え派? ご存知のとおり、映画(正確には洋画)には、字幕・吹き替えという2つの観方があります。 もちろん最高なのは、その国の言葉を覚えて字幕無しで俳優さんの生の声で観る、ということになるのですが、当然容易なことではないですし、そもそも映画のために言語を覚えようという人はそう多くはないでしょう(なおぼくは勉強中)。   だから、必然的に字幕で観るか、吹き替えで観るかという2つの […]