タピオカについて物申す

この記事は3分で読めます

今日はちょっと長く時間を取れず、今書き始めると大変中途半端な文章になりそうなので、せっかくだからプライベートで書いた文章をコピペしたいと思います。

要するに手抜きってことになるんだけれど、何を隠そうその文章を書いていて、こっちの文章を書く時間がなくなってしまったのです(笑)。

だから、一応ぼくの中では頭を使ったことになるし、こっちにも同じのを投稿するのなら、こっちの為に書いたことにもなるのかもしれません。

という言い訳。

 

いってみよう。

 

~~~ここから~~~

こんにちは。

先日、いたいけなJKがどうしてもみなさんにタピオカドリンクなるものをおごりたい、と言うものですから、これはもう遠慮なくいただくほかないと思って、同席したぼく達3人はありがたくご馳走になったものでした。

しかしながら、その流れの中で「タピオカ飲みたくないですか?」「どこどこのタピオカが~」「タピオカって~」と、「タピオカ」という単体ワードがしきりに出てくるものですから、ぼくは少しだけ気になったので聞いてみたのです。

 

「そのタピオカってさ、何のこと?」

 

当然、ぼくの質問の意図を全く汲み取っていない彼等は、それはもう驚きましたよ。

 

「え!?タピオカ知らないんですか?www」

 

いや、わかるよ?

あれでしょ?

あの餅みたいな塊のことでしょ?

トウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプンのことでしょ?

わかるわかる。

で、それを何に交ぜ込んだやつを欲してるの?

 

と思ったのですが、どうやら様子が違うことに気が付きました。

察するに、ああ、彼等にとっての「タピオカ」は「タピオカドリンク(ジュース)」の略なんだなーと。
つまり、タピオカ=飲み物となるんだなーと。

ぼくの感覚からすると、タピオカと聞いたらあのお餅が先にイメージとして浮かぶので、タピオカは完全に食べ物です。

だから、タピオカを飲む、というフレーズにも違和感を覚えるし、何か?君等はあの物体をあのぶっといストローで一思いに飲み込むのか?などと思ってしまうぼくは、非常に面倒臭い性格をしているんだろうなーと思います。

なんなら「タピる」だなんていう造語まで誕生し、もはやタピって何よ?って話になってきました。

じゃあ聞くが、なんだ、「ポケットモンスター」を「ポケット」って略すのか?って話になってきます。

「ミスタードーナッツ」を「ミスター」って略すんですか。
「ドラゴンクエスト」を「ドラゴン」と略すんすか。
「パーソナルコンピュータ」を「パーソナル」って言うんすか、ねえ、どうなんすか(ガラ悪

普通「タピオカジュース」なら「タピジュ」だし、「タピオカドリンク」なら「タピドリ」でしょう。

いや、この際マクドナルドのマックにならって「タッピ」でもいい。
その方がいくらかマシである。

そしたらほら、タピジュなら「タピジュる?」になるし、タピドリなら「タピドる?」という大変自然な表現になると思うんですよね。.
「うん!ジュるジュる!」つって。

タッピなら「タッピる?」じゃん?

ね?

わかる?

本来タピオカはお餅のことなんだよ(違うよ

だから、次の機会がもしあったら、ぜひ「タピジュります?」と聞いていただきたい。

そしたらぼくも、あ、タピオカの入ったジュースを飲むんだね?ということがすぐにわかるんだし、その単語を使うということはぼくの文章をよく読み込んでくれているということで、嬉しくってそんな君にはもれなくタピオカおごっちゃう。

そう、もれがなく、おごっちゃう。

「え?それ言うだけでタピオカおごってくれるんですか!?やったー!」

と思った君は、はい、1アウト。
ぼくはタピオカをおごるとは言ったが、タピオカジュースをおごるとは言っていない。

ちなみに3アウトで逆にタピオカおごってもらいます。

「え?こっちがタピオカおごるんですか?それはいやだなー」

と思った君は、はい、2アウト。
あと一回で君の大事なそのお餅を1つもらうことになる。

やり取りはこう。
タピオカを例のあのストローで上手いこと吸い込み、飲み込まないうちに相手のジュースに1粒移すという、極めて画期的な方法を取ります。
やったことはないけれど、舌で空気を止めると上手くできると思います。
間違って2粒吸っても言いっこなしです。

ただ、その絵面はきっと汚いだろうから、ぼくにそんな汚いことをさせないでほしい。
タピオカをあげるのは構わないが、大の大人にそんなことさせないでほしい。

だから間違ってもぼくの前で「タピジュる」「タピドる」「タッピる」なんていう三大用語を使わないでほしい。
それがお互いのためである。

そもそも何?
その言葉。

聞いてるこっちが恥ずかしいわ(お前だよ

いいですよもうタピオカで。

君達はタピオカを、飲むんだね。

ぼくはタピオカを、食べるから。
ジュースに入れたタピオカを、食べるんだから。

もちもちできっと美味しいんだから。

もう知らないんだから。

ぷんぷんマルフォイ。

ノシ

 

~~~ここまで~~~

 

感想、悪ノリが酷い。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー