ツイッターはお休みしようかな

この記事は4分で読めます

こんばんは。

毎日書くって言ってたくせしてやっぱり書かなくなってから2日が経ちましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

僕はハゲが進むほどに悩みながら2日ばかりを過ごしていました。

 

どんな風に書いていけば自然な文章が書けるだろうか、納得のいく文章が書けるだろうか、などなどといろいろ考えてみたのですが、どうも何も思い浮かばない。

というか、そんなものはないような気にもなりました。

 

だから、逆に質じゃなくて量を取ってみるのはどうだろう?という気になりました。

というのも、意味ありげな文章を追い求めるのではなく、純粋に思い付いたままをありのままに伝える、みたいなニュアンスのものです。

 

で、久しぶりにツイッターを再開してみてまた思ったのですが、僕はあんまりSNSの類が得意ではないということもよくわかりました。

反対に、こういう自分だけの場所に閉じこもりがちな方が、きっと性に合ってるのだろうとも思いました。

だから、ツイッターに何かを書こうとすることをやめて、その何かを誰かに伝えようという気持ちを、全部ブログに書くのはどうだろう?と思ったのです。

 

凄くざっくり言えば「日記」です。

ただ、日記とは言え「今日は○○をしました。楽しかったです」とかっていうものではなく、その「○○をしました」からいろいろ話を広げるつもりではいます。

かと言って、これまでみたいに2000文字に及ぶ文章を書くのではなく、数百文字程度で終わる簡単な投稿にしたいと思います。

もちろん話が尽きず、いつの間にか2000文字になっていた!みたいになるのはやぶさかではないですが、無理に情報を詰め込めようだとか、質を上げようだとか、そういう思いは持たぬことにします。

 

思ったことを書く。

それがもしかしたら100文字で終わってしまうこともあるのかもしれないけれど、それはそれで良いことにします。

それで言うと、3日前辺りのシャイニングの話なんかは、決して悪くはない。

 

ただ、「思ったこと」を書いたようには思えないので、もう少し思ったことを書きたいですね。

というのも、無理矢理ネタを引っ張り出してきて、無理矢理情報を詰め込んだような印象があります。

本当は書きたいことではないんだけれど、毎日書くと言った以上仕方なしに書いている、というような雰囲気がぷんぷんとします。

そうではなく、もっと純粋に内から出る気持ちが滲み出てる文章を書きたいですね。

 

なんて言うと、また質を求めようとしてしまうので、文章に掛ける思いはこの辺にしておこうと思います。

 

何を隠そうこの文章自体も、気持ちが固まってすぐに書き始めたものです。

本当はもうすぐに寝てしまおうと思っていて、シャワーを浴びていたものでしたが、そのシャワーを浴びている間になんだか

「うーん、日記的でもいいか」

とふと思ったのでした。

浴室から出て、ドライヤーで大切ななけなしの髪の毛を乾かし、歯を磨く前に、口臭がきついままにすぐにパソコンを立ち上げて、今に至ります。

 

あ、あれ書こう!

あ、これ書こう!

あ、あんなこと書こう!

こ、こんなこと書こう!(どもった

 

そんなようなことを思い付いたら、それがどれくらい濃密な文章になるかは全く想定せず、とにかく文章を書き始めるというスタイルでいこうと思います。

それが一体何の意味になるのかというのは、もうなんとなくわかってる人もいるかもしれませんが、ものすごーーーーくざっくり言えば、アウトプットをしたいからです。

前にもチラッと書いたけれど、基本的には僕は文章を書きたくて、それは何故かと言ったらその方が頭が良くなると思っているからです。

勉強したことを誰かに伝えるというのは、それだけで知識の定着率が高くなるし、それを上手く伝えようと考えているのも刺激的でいい。

何より迷いとかを拭い去れることもあるし、疑問が解消されることもあります。

僕は、文章を書くというのは基本的に良いことしかないと思っているので、ずっと書いていたいのです。

 

でもその書き方を忘れてしまった、というのがここ最近の悩みでした。

でも思い付いたままに書けばいいのか、というのがこの文章です。

 

それともう一つ。

今の僕の考えをできるだけ残しておきたい、という気持ちもあります。

というのも、僕は高校生のときに書いたブログがいまだに残っていますが、そこには高校生のときの僕の頭の中のことが書き残されています。

写真やら動画で昔の自分を客観的に見ることは可能だけれど、頭の中を覗くことは文章にしかできません。

それがなんだということでもないのですが、僕はそれが面白いことだなと思っています。

昔の自分の文章を読んで、まるで対話をすることができる。

こんな面白いことはないだろうと思うわけです。

 

あとは気付いたこととか学んだことを書いていくつもりなので、それが誰かしらの何かしらに役立てば幸いである、とも思っています。

ここ最近はずっと「人様にとって有意義である文章ってなんだろう」みたいなことを書いていたけれど、それはこちらで考えても意味がないことがよくわかりました。

というのも、そんなのは人によるからです。

元も子もないけれど、誰かにとっては良くても、誰かにとっては悪いものです。

逆もまた然り。

であるならば、文章を書く前から相手のことを考えるんじゃなくて、まず書いてから、それが必要であると思われる人にちゃんと届けばいいということでいいだろうと思ったのです。

それが誰にも必要とされていなかったら、単純に読まれないだけですからね。

読まれなかったら読まれなかったで、それもまた良しです。

僕の頭が少し良くなったというだけで、それもまた良しです。

それで誰かの為にもなっていたら、それはまたそれで更に良しです。

僕が楽しくて、知らず知らずに誰かの為になっていたら嬉しいな、くらいのスタンスで行こうと思います。

 

って、数百文字程度で終わらせるつもりがいつの間にか2000文字を超えてました。

なんだかんだそういう文章ばっかりになるのかな。

わかんないけど、とりあえずそんなスタイルでやっていこうと思います。

1日何個書くかはその日によるだろうけれど、できるだけ書きたいと思います。

 

そして多分、引きこもりたい願望から、ツイッターには更新の報告をしないと思いますので、ご了承ください。

少なくともしばらくはこっそり書きます。

 

ではではあくびが出てきたのでこれはこの辺で。

 

おやすみなさい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 12.12

    ダメだこりゃ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー