この中に宇宙空間における「時間」の進み方について詳しい方はいらっしゃいませんか!?

この記事は2分で読めます

こんばんは。

今日は『TENET テネット』を観てきたことですから、『TENET テネット』について書いた方がいいんでしょうが、ちょっとまだ何書くかまとまってないので、今はよしておこうと思います。

代わりに『インターステラー』について考えていたら思い付いたことがあったので、今日はそれを書こうと思います。

 

「時間」ってありますよね。

みんなが知ってる例のあれです。

『インターステラー』でも重要な要素として出てきますが、『テネット』でもかなり重要なものとして描かれています(というかメインです)。

 

何を思ったのかというと、『インターステラー』で「ここでの1時間は地球の7年に相当する」みたいな星が出てきます。

要するに時間の進み方が違うので、地球とのズレが生じる、というわけです。

早かったり、遅かったりする。

 

そこまではよく聞く話なので疑問は持たないのですが(いや冷静に考えると不思議なんですけどね)、ふと思ったのです。

 

宇宙空間での時間ってどうなってんだろう

 

って。

というのも、Aという星の1時間がBという星では7年間、みたいに相対的に変化があることはわかりましたが、じゃあ何にも縛られない「宇宙」においては時間の進み方ってどうなってるんだ?という話です。

宇宙で1時間過ごしたら、地球はどれだけ進んだことになってるのでしょうか。

 

もしかして「時間」という概念がないのでしょうか。

そんなことはないですよね。

だって進んではいるんだから。

 

あれ?そうですよね?

 

あんまり宇宙に詳しくないのではっきり言えませんが、少なくとも時は流れてるんですもんね。

そしたら進んでるんですよね。

そしたらその進み方は地球で見た時のどんな進みとして解釈されるのかしら。

地球の24時間で地球の自転が1周するわけであって、365日かけて太陽の周りを公転するわけですよね(誤差はあれど)。

 

仮にじゃあその「ここでの1時間は地球の7年に相当する」という「ここ」という星があった場合、そこから地球が肉眼で確認できるとしたら、物凄いスピードで回転(自転)してる姿が見れるわけですか。

しかも結構なスピードで上空を移動してる姿が見れるわけですか。

 

そういうことですよね。

 

なるほど。

 

スポンサーリンク

 

じゃあ『ゼロ・グラビティ』よろしく、宇宙に放り出された場合は?

そこから地球が見えたらどんな風に回転してるの?

24時間?

 

なんか直感的には違うような気がするんですよね。

遅いのか早いのかすらわかんないけど。

 

ともすると、「時間」ってなんなんだろうな、って思います。

宇宙に全ての真理があるとするのならば、宇宙での「時間」という概念があやふやということはないはずで、何かしらのルールがある。

そのルールの中に地球があって、地球上ではこんな風に時間が流れてますよ、っていうだけなのであって、宇宙には宇宙なりの宇宙時間がある、のかしら?

 

もしかして「時間」なんてものはない?

進んでいるように見えるのは、あくまでも地球に住んでる人間から見た概念に過ぎない、みたいな感じになる?

 

なんて、無知な僕がここでいくら考えても答えは出ないので、考えるのはこの辺にしておきます。

ちょっと宇宙について調べてみようかな。

 

ちょっとで済まない分野なんだろうな。

だから研究されてるんだもんな。

 

宇宙って広いな。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。