ドリップコーヒーは水で淹れられるのか試してみた

この記事は2分で読めます

ぼくはコーヒーを飲みます(どうぞご勝手に

いや、そうではなくて、コーヒーをよく飲むんです。

一回やめたんですけど、みんなが禁煙に失敗するみたいに、ぼくもコーヒー断ちに失敗した口です。

と言っても、禁豆する前はミルクを入れて飲んでたんですけど、禁豆後は完全にブラックで飲んでいます。

 

もともと健康のためにやめよう!と思い立ってやめたんですけど、ミルクを入れないのはせめてもの抵抗と言いますか、言い訳みたいなものですね。

ミルクも物によりますが、結構まあ添加物的なものとか諸々入っていますので、入れるよりは入れないほうがいいだろうという自己肯定。

 

そんなコーヒーですが、家ではもっぱらこういう類のもので飲んでいます。

なんていうんでしょうこういうの、ドリップコーヒーですか。

これはUCCさんのですが、一番買うのはセブンアンドアイですが、特に意味はありませんが、家の近くにセブンイレブンがあるのでそうなるのですが、今回はイオンで購入。

 

ところで、かねてからずっと気になっていたことがあるのです。

こういうコーヒーの淹れ方って絶対に「お湯で~」って書かれているんですよね。

 

でもですよ、夏場とかって冷たいコーヒーが飲みたいものじゃないですか。

だから、これって水じゃダメなのかなーとずっと気になってたんです。

 

で、今日ちょっと水を温める環境が整っていなかったものですから、ずっと気になっていた「水でドリップ」をついにやってみることにしました。

 

準備

万端。

 

水を注ぎます。

 

経過を見守ります。

 

 

んー

 

 

 

 

全然ダメですね。

 

なんか豆が水に浮いてきてしまいます。

 

見てください。

全然染み込みませんで、全然ドリップしてくれません。

 

仕方ないので、指で潰して人力で染み込ませることに。

おーいい感じじゃない?

 

中身を確認。

汚いな。

でも飲めるならOKです(d)

 

更に注ぎます。

いいよー染み込んでるよー。

 

 

ハイ出来上がり!

 

お召し上がれ!

 

見た目は薄そうだけれど、ちゃんとコーヒーが楽しめるのであれば全然問題ない。

 

 

 

ワーッハッハッハッハ!!(ガチン!!)

 

 

 

(グビグビ)(グビグビ…)

 

 

 

(ダン)

 

 

 

 

 

水だこれ

 

 

結論。

ちゃんとお湯でドリップしましょう。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。