薪窯の絶品ピザが食べられる『WOODEN SHIP』に行ってみた

この記事は2分で読めます

今日はお昼に富谷市富ヶ丘にあるピザ屋さん『WOODEN SHIP』に行ってきました。

こちらのお店のピザはいろいろな人から噂を聞いていたし、お店の前を通るたびに「気になるなー」とは思ってはいたものの、ずっと行ったことのなかったお店です。

 

ずっと行ったことがない日が続いたそんなある日、実家に帰ると「『WOODEN SHIP』のピザをテイクアウトで予約してる」と言うので、僕が取りに行くことになりました。

「ついにお店を覗く日が来たか」なんて考えつつ、ワクワクした気持ちでお店に入ってみると、お店の雰囲気に圧巻。

まるでディズニーランドの飲食店を思わせるほどの徹底された雰囲気作りに目を輝かせ、カウンターの奥にはガチの窯(かま)の中で薪に火が灯っています。

 

(公式ページより出典:https://pizza-woodenship.com/

 

一目で「あれでピザを焼くのか!」と察しがつき、味への期待もピザと一緒に膨らみます。

 

しかしながら、この日はテイクアウトですので、焼き立てのピザを食べることはできません。

家に帰り、心底「焼き立てで食べてみたかったなー」なんて思いつつ、冷めてしまったピザを頬張ってみる。

 

 

あー

 

 

これは絶品だ。

 

 

と思いました。

冷めてなお「美味しい」と思わせられるなんて、僕の想像をはるかに超えたピザであると思いました。

 

これはもうそうなると、焼き立てを絶対に食べてやろう!と思うわけです。

だからついに今日行ってきたわけでした。

 

僕が今日食べたのは「マルゲリータ」です。

味はトマトソースと塩味を選べたのですが、オーソドックスにトマトソースを選びました。

 

焼き立てを食べてみて、確信。

これは間違いなく絶品です。

本格的な窯で焼くピザがこんなに美味しいとは思いもしませんでした。

 

ましてや、その窯は店主さんの自作らしいですし、ピザ自体も独学我流なのだそうです。

 

凄い、職人だ。

 

そう思ったものでしたから、店主さんの仕事してるその姿を目を離さずずっと見てたいところではあったのですが、あまりにも目の前の席に座ってしまったものでしたから、まじまじと見るのは遠慮しておきました。

やっぱり見られてると仕事しづらいかなと思って……(笑)。

 

でも一流の仕事をちゃんと見てたかったですね。

 

また絶対に行くので、その時はマルゲリータの塩味にしてみようかな。

塩味のピザってどんな感じなんだろうか。

 

というわけで、ぜひぜひ足を運んで焼き立てのピザを食べてみてはいかがでしょうか。

 

公式ページはこちら↓

『WOODEN SHIP』

 

ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. 2020 04.15

    桜を見付けて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー