I’m fine, thank you. And you?

この記事は2分で読めます

というわけで、ぼくは元気いっぱいです。

1週間丸々ブログ書かなかったけど、ぼくはお元気いっぱいいっぱいです(どっち

 

特に何ということもないのですが、映画を観たり、YouTubeを見たり、ギターを弾いたり、ピアノを弾いたり、本を読んだり、あと後輩達とバンドを組むことになった、というか活動しているので、その練習だったりをしていました。

特に何ということもないわけではなかったですね、まあいろいろコソコソやっていたのでした。

 

そうした中で気付いたのですが、前回の記事で書いた

「指の筋力は左手の方があるっぽい」

という説が確信に変わりました。

 

不思議なもので、握力は右の方があるのですが、指で押し付ける力は断然左の方が強いということなのです。

キーボードを打つようなイメージですね。

 

でも器用なのは右なので、右の方がいろいろできる。

不思議なものですね。

 

でも前にも書いたけど、ぼくは筋力的にも右の方が絶対にあると思っていたし、左指が動かないのは筋力が足りないからだ!ってずっと思っていましたから、ピアノで指筋を鍛えるとき、右手は放っておいて、左手だけ重点的に鍛えたりもしていたのです。

だけれども、そうではなかったわけですから、これからは右手もしっかり筋力を付けていかなければなりませんね。

 

というと、お前は一体何を目指しているんだ?と思われるかもしれませんが、端的に言うと、ぼくは人生を楽しみたいのである。

だから、ピアノを上手に弾けたら楽しいだろうという確信があるものですから、もっとちゃんと弾けたいだけなのです。

 

人は変に賢くなったばかりに、意味ばかりを求めてしまうように思います。

でも動物だってただ楽しくてただ遊んだりするし、ぼく達人間も楽しいことをして遊んでも良いではないかと思うわけです。

そこに意味を求めたって仕方がないではないかと思うわけですね。

 

そんなことを言ったら生きる意味もないのだから、どうせいつかはしぬんだから今しねばいい、みたいな話にもなってしまうと思うのですね。

でも少なくともぼくはしにたくないですから、どっち道生きていくわけですから、それだったら楽しく生きられるように工夫をしていきたいのです。

 

暇を潰すツールはいくらでも出てくるものですが、どうせだったら自分を改造していきたい。

その方がロマンがある、とも思っています。

 

音楽が好きなら、好きな音楽を聴くのもいいけれど、作る楽しみもあるし、演奏を聴くのもいいけれど、自分で弾く楽しみもある。

上手い絵を見るとワクワクするものだけれど、自分で描けたらきっと楽しい(ぼくは描けないけど)。

お話作りもきっとそうだし、お料理もそう。

 

人によって程度は違うし、何は楽しめても何は楽しめないっていうのに違いはあると思うけれど、少なくともぼくは生み出す側の楽しみを感じているので、これからも何かできたらいいなーと思っているところであります。

英語もちょこちょこ勉強しているけれど、それは翻訳機なんかに頼るより、自分でペラペラと話せた方が楽しいだろうと思うからです。

これからどれだけツールの性能が上がったとしても、その感覚は自分で話せるようにならないと到底味わうことはできないと思うのです。

 

そういう発想でこれからも生きていきたいものですね。

 

という、生きてる報告でした。

 

ちゃんちゃん。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

関連記事

  1. 2017 07.08

    なとぅ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

ここはゆきちのブログです。

ぼくのことが気になる人はこちらから

ゆきちのこと

 

趣味で音楽もやっています。

YouTubeチャンネルはこちらから。

YouTubeチャンネル

 

つぶやいてもいます。

こちらから。

Twitter

2002年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031