ブログを書く前に感じていた様々なストレス

ブログを書く前に感じていた様々なストレス

ブログを書くペースが昔よりもスムーズじゃない理由の一つに、

「ネタがありすぎる」

という悲鳴があります。

書けることなんて腐るほどあるのです、腐らないけど。

 

でも数が多ければ多いほど、その中からチョイスする行為にストレスが生じてしまいます。

「だったらいっそ書くのを辞めたらいい」

そんなことを考えたことも何度もありますが、それはそれでなんだか寂しいのです。

やっぱり何かは書きたい。

 

そしてもう一つ理由があって、なまじ説明が上手になってしまった。

もちろん、いまだに説明は苦手であると感じる面はありますが、昔と比べたらはるかに説明が上手になりました。

ともすると、何か書きたいことが思い付いたときに、何を順に書けばいいかわかっていて、そうすると、目的地が遠くに見えています。

場合によってはその遠くというのははるかかなたにあって、そこまで行こうとするには重い腰を上げなければならない。

そんなような思いから、ササッと執筆に移れなかったりするのです。

 

それよりもうちょっと近い距離の話題はないかしら?

そんなことを思って別のネタを考えるのですが、それはそれで重要度が低かったりする。

そんな重要性なんて、とても主観的であり、自分勝手な判断ではあるのですが、そこのバランスも難しい。

 

例えば、とっても他愛のない話に

「『キングダムハーツ』について思うこと」

みたいなものがあるのですが、そもそもキングダムハーツの話なんて求められているのだろうか?とか考えちゃうわけです。

昔だったら思った瞬間ポポポーンって魔法の言葉で書いていたんですが、今はそんなことを考えちゃう。

でもそれはぼくの杞憂で、もしかしたらキングダムハーツがめちゃくちゃ好きな人が読んでいる可能性だってある。

ぜひぼくのキングダムハーツ論を聞いてみたいなーと思ってくれる人だっている可能性がある。

 

そうしたら、それはむしろ書くべき案件です。

それをぼくの判断で「求められていないだろう」として書かないのは、とっても自分勝手。

 

スポンサーリンク

 

「求められていないだろう」ということに加えて、

「短くなっちゃう」

という懸念も感じています。

少なくとも1記事1000文字以上は書く内容を詰めるべきだ、とどこかで思っている自分がいて、そこに達しなさそうな軽いネタは避けているのです。

 

でも昔のブログを読み返して思ったのです。

別に短くても良いではないか、と。

 

「今日は疲れて書けません。また明日ね!ノシ」

くらい短い文章もあったくらいです。

流石にそれは書かなくてもいいだろ(笑)と自分のことながら思うのですが、でもそれはそれで面白い場合もあるよな、などと思うわけです。

 

それに長いと読むの疲れるしね。

むしろぼくの文章はもっと平均文字数を下げる努力をすべきなのかもしれません。

 

どっちがいいんだろう。

読み応えと読みやすさ。

 

ああ、ほら。

そんなことを考えちゃう。

 

ぼくのブログなんだから、ぼくの思ったとおりに書けばいい。

 

スポンサーリンク

 

でもそうするとね、どれくらい自分の時間をブログに割くべきなんだろう、とかも考えちゃうのです。

だってずっと書いていられるから。

 

かと言って、1日1記事だと一生語り尽くせない。

1日1記事という縛りを自分の中で感じることもあって、そうすると同時に、その1記事に重要性の高い情報を詰めるべきだろうとプレッシャーを感じることもありました。

それではよろしくない。

 

もうちょっとパッパッパと出していきたいですね。

でも割き過ぎないように。

でもパッパッパと。

 

とりあえず今はこの辺で。