「うh」

「うh」

ちなみにタイピングというのは、ある程度のフォームが決まっていて、打つ文字によって使う指が決まっていると思います。

誰がどのような形でタイピングを練習してきたか、全く想像が付きませんで、あんまりはっきりしたことは言えませんが、それなりにかじった人なら自分なりのフォームを持っていると思うのです。

 

ぼくがタイピングを練習したのは『特打(とくうち)』というソフト。

20年以上歴史のあるタイピングソフトで、兄が買ってきたのがきっかけでした。

ぼくが中一のときだったかな。

 

丁寧にフォームポジションから教えてくれるのですが、当然ぼくはずっとそのフォームを忠実に守っていました。

でも何年も何年もキーボードをカタカタ打ち続けて、あることに気が付いたのです。

それはフォームにこだわり過ぎなくてもいいんだな、という考えてみれば当たり前のことです。

 

例えば、特打的に言えば、「H」と「U」はどちらも右手の人差し指ポジションです。

だから「ふ」と打ちたいときは、人差し指一本で「HU」と打つのがフォームどおりの打ち方になります。

でも別に人差し指にこだわる必要はないではないか、といつしか思って、今は「H」を人差し指、「U」を中指で打つようにしています。

そうすると、2本の指で一瞬で「ふ」が打てるようになるんですね。

今までの打ち方だと「カタカタ」と2回鳴っていた音が、ほぼ同時打ちなので「カタ」の1音になる。

ただ、少しタイミングがズレると「うh」というなんともいやらしい言葉が打たれるので注意が必要です。

 

それまではどこかで「フォームどおりに打たなければ」と思っていた面があって、それはタイピングソフトで練習し続けた弊害とも言えるかもしれません。

だから「ふ」の打ち方なんていうのは、そういうソフトを使わずに練習してきた人とかは当たり前のようにやっている打ち方かもしれませんね。

ぼくももっと効率の良い打ち方はないか、もうちょっと探してみようかと思います。

 

速いに越したことはありませんからねー。